review

美しいアニメをつくりたいという呪われた夢「風立ちぬ」

「(前作の)『崖の上のポニョ』をやっている時には僕の方が先に行っているつもりだったのに、時代の方が追いついてきた。(今回の映画で描いた)関東大震災のシーンの絵コンテを書き上げた翌日に震災(東日本大震災)が起き、追いつかれたと実感した」」 (日本経済新聞「宮崎駿 時代が僕に追いついた 「風立ちぬ」公開」2013/7/27 より)


宮崎駿は、幼い頃から現実と妄想の区別がつかないという特殊な才能を持つ、生粋の直感型クリエイター(オタクとも言う)である。
おそらくは毎晩のように、夢の中で「日本アニメの神様」手塚治虫と勝手に出会って、脳内手塚治虫にあれこれ励まされていたのであろう。手塚治虫の夢の世界と自分の夢の世界がリンクしている、と彼は信じていたのだと思う。
たとえ未曾有の大震災に巻き込まれても、慌てず騒がず「空に飛行機が飛んでいるゾ〜」とグリプス戦役末期のカミーユみたいなことを言いだしかねないのである。
それどころか、大津波が迫ってくると衝動的に津波のアニメを作ってしまい、大震災が迫ると地震シーンのコンテを切ってしまうのだ。

近頃では、もしかして自分の妄想のほうに後から現実が追いついているのではないか、と「デビルマン」の飛鳥了のような恐れ(関係妄想とも言う)を自らに抱いているほどなのであった。
この、妄想が現実を凌駕している・現実が妄想を後追いしてくると感じる関係妄想こそ、実は直感と感性で創作してしまうタイプのクリエイターにのみ与えられた特殊な才能なのであるが、このような感性は現実世界を生きている一般人はもちろん、創作者ではあっても論理で作品を組み立てるタイプのクリエイターには理解しがたいものであり、それが彼の発言が誤解を多々生む原因にもなっている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク