ドイツ人というと真っ赤な顔をしてビールをがぶがぶ飲んでいるイメージがあるが、実はコーヒー好きとしても知られている。仕事場でも自宅でもよく飲む習慣があるという。では、具体的にどんなこだわり、習慣があるのか。

まず、コーヒーの味はどうなのか。
「米国の薄いコーヒーに悩まされてから、この国(ドイツ)へ来たらとても幸福な気分になった。炭火焙煎珈琲に慣れた人には、アメリカンコーヒーは、茶色に染めたお湯であり、コーヒーではない」というのはドイツ在住のジャーナリスト、熊谷徹氏。ドイツ人は基本的にコクのあるコーヒーを好み、コーヒー好きの日本人が失望することはないそうだ。

で、当然ドイツでは、コーヒーの消費量は多い。
「ドイツは世界3位のコーヒー消費国で、一人あたりのコーヒー消費量は年間約7kgとEUの平均より2kgほど多いです」(メリタジャパン)
種類としては、ドリップコーヒーが人気。
「コーヒーマシンとコーヒーショップの普及から、ラテへの嗜好の変化も見られ、エスプレッソ/カフェ・クレマ用に焙煎された豆の消費量も伸びている。しかしまだ、フィルターコーヒーが好きだという人は、ミルク入りとブラックを合わせて全体の8割。素朴なパンとチーズの朝食や、ドイツ風ケーキには、やはり香り高いフィルターコーヒーがよく合うからである」(ドイツコーヒー協会調べ、全日本コーヒー協会HPより)

他方、最近では
「もともと、ドイツ人はマイルドなドリップコーヒーを好みますが、最近ではエスプレッソも人気で、イタリアよりずっとマイルド。フォームミルクをふんだんに使った“ラッテ・マッキャート”(日本のカフェラテにあたるもの)も人気があります」(メリタジャパン)とのこと。ドイツ人のコーヒーの好みも時代の流れとともに少しずつ変化しているようだ。