review

「どうせ売名行為だろうけどさ、ニッポンを元気にしてるよね」宮藤官九郎の3.11「あまちゃん」23週目

第1回はコチラ
「毎週月曜更新中、木俣冬のおさらいあまちゃん」バックナンバー集はこちら

9月1日防災の日の翌日、「あまちゃん」133回で、2011年3月11日が描かれました。
親友アキ(能年玲奈)の晴れ舞台・コンサートを見るため東京へ向かおうとユイ(橋本愛)が乗った列車は、地震によってトンネルの中で停まってしまいます。
携帯もつながらず、状況がわからないことに業を煮やした大吉(杉本哲太)がトンネルの外へ確認に向かうと、眼前はーー。

「道がなくなってたの。線路が途中で終わってたの」

火曜134回、夜になってようやく電話のつながったユイがアキに告げたセリフに胸がえぐられました。

ドラマの中で地震による被害の実景はほとんど出てきません。オフィスハートフルでアキたちがテレビのニュースを見ているシーンはありますが、その画面は映りません。
セリフによる状況説明と、北三陸の観光協会で菅原(吹越満)が作っていた町のジオラマが崩れた様子で想像させるようになっています。
それだけで充分、あの日、日本にいた者なら、まざまざと光景が浮かんできます。
さらに、実際の映像が出ないことによってドラマは、東日本大震災だけではなく、長い地球の歴史の中で起こってきた多くの悲しい出来事の記憶を包括している気がしました。

3月12日に行われることになっていた「コンサートは延期になった」とアキに告げられて、ユイが「中止だよ」と言い、「もう行けない。こわくて行けない。アキちゃんが来てよ」と叫んだとき、テレビを見ている、いや、見ていない人も含め、たくさんの人が生きていてぶちあたる絶望や喪失感となって響きました。

この記事の画像

「「どうせ売名行為だろうけどさ、ニッポンを元気にしてるよね」宮藤官九郎の3.11「あまちゃん」23週目」の画像1 「「どうせ売名行為だろうけどさ、ニッポンを元気にしてるよね」宮藤官九郎の3.11「あまちゃん」23週目」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「あまちゃん」に関する記事

「あまちゃん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「あまちゃん」の記事

次に読みたい「あまちゃん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「あまちゃん」

朝ドラ「あまちゃん」

2013年度上半期にNHKで制作され、国民的人気となった宮藤官九郎脚本の連続テレビ小説。母・春子(小泉今日子)の故郷・北三陸にやってきた16歳の少女・天野アキ(能年玲奈)の成長を描いたドラマ。2013年4月1日〜9月28日放送。

お買いものリンク