bit

韓国アバンギャルドアーティストの失われた作品が、40年ぶりに登場

韓国アバンギャルドアーティストの失われた作品が、40年ぶりに登場
「現象から痕跡に」<br />From Phenomenon to Traces(1969)
美術館に足を踏み入れると、赤い大きな布が、床の上に無造作に広がっていた。一体これは何なのか?

現在、韓国ソウルのソウル市立美術館にて、興味深い展示が行われている。「SeMA Green 金丘林展『よく知りもしないくせに』」と名付けられたこの展示では、1936年生まれ、韓国第1世代の前衛芸術家として先駆的な活動を繰り広げながら、大衆的に評価される機会の少なかった作家、金丘林(キム・グリム)を紹介。今回は特に、発表後に消失してしまったり、エスキースだけで実現・発表ができなかったりした1960~70年代の代表作の数々が、約40年ぶりに再現された。

最初に登場する巨大な赤い布は、『現象から痕跡に』という1969年作品(写真)。3メートル平方という大きな氷の塊を赤い布で包み、それが自然と溶けきるまでの行程、そして痕跡を見せるというインスタレーションだ。

この作品は1970年、景福宮美術館の招請を受け発表しようとするも、溶けた水で他の作品が痛むという理由から出展を拒否された。当時はスケッチだけ存在していたこの作品の、初のお目見えとなる今回の設置では、スタッフが昼夜、床に溶け流れる水を除去。氷は約10日間かけて溶けきり、現在の布だけの姿になったという。

他の作品も、40年の時を経て再現されたものばかりだ。韓国初の実験映画であり、代表作のひとつである『1/24秒の意味』(1969年・写真)は、当時16mmフィルムで撮影されたが、2001年に原本が消失し、デジタル変換したファイルだけが残る状況だったという。今回はカナダにてフィルムに復元され、当時と同じ形で上映される。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月16日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。