bit

ひと夏の経験、ひと夏の恋……「ひと夏」っていったい何ですか?

       
9月も半ばを過ぎ、昼間は暑いけれど、夜風には秋の気配が漂い始めた。
皆さんは、夏の間に心ときめく出来事はあっただろうか。この、夏に起こるアバンチュールや短い恋愛を、世間では「ひと夏の恋」とか「ひと夏の経験」と呼ぶ。一夜限りの恋なんて四季を問わずあるものなのだが、夏に起こるとなんだか特別な感じがする。だからこんな呼び方をするのだろうか。
そもそも「ひと夏」とはどういう意味だろう。ただの「夏」とは違うことはなんとなくわかるが、具体的にどこが違うというのは答えられない。そんなわけで「ひと夏」について色々と調べてみることにした。

「ひと夏」の言葉を探る
『日本国語大辞典』で「ひと夏」の項目を引いてみると「夏3カ月の間、夏いっぱい」「過ぎ去ったある年の夏」という2つの意味があった。
「ひと夏」という言葉を最初に使った人物ははっきりしていないが、室町時代の古辞書『いろは字』に「一夏(ヒトナツ)」という言葉が残されており、かなり昔から存在していたようだ。また、春夏秋冬のなかで「ひと冬」という言葉はあっても「ひと春」「ひと秋」とは言わない。どうしてだろうか。
この疑問について、日本語研究者である静岡大学人文科学部客員教授の平野雅彦さんに伺ってみたところ、大変興味深いお話を聞くことができた。
「日本は1年のうちに春夏秋冬と4つの季節があり、12カ月を4で割ると各季節を3カ月ずつでわけられます。しかし『ひと夏の 体験』というときの『ひと』は、『三ヶ月の夏の体験』という意味ではなく、『(あっという間に)過ぎ去ってしまった夏の体験』という意味です。つまり、夏と冬は存在そのものが烈しく、あっという間に過ぎ去っていくものだということです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月19日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。