bit

両親の思い出話を聞くと、親子関係にどんな影響を及ぼす?

       
先日、何事もなく、サラッと、敬老の日を過ごし終えてしまった。そういえば、私の両親はとうに60歳超え。何かしら、祝ってあげてもよかったような気がする。プレゼントしたりなんかして……。
ここで、ふと立ち止まる。自分、父親についても母親についても、実はあまり分かってなかった。何が好きなのか、どんなものを求めそうなのか。いや、あの人らの嗜好どころじゃない。あらゆる事を知ってない。特に、どんな友人がいたのかとか、どんなスポーツをしてきたのかとか、学歴についてとか、そういう事を。要するに、若き日の思い出を聞いたことがないのだ。

これって、いかがなものだろう。そして、気になる。他の家庭の親子関係って、もっと水入らずなのか? そういうプライベート系を、把握し合ってるのか? その前に、家庭自体がプライベートな場なのだけど……。

というわけで、このデータに注目してみよう。NTTコミュニケーションズ株式会社は15~29歳の男女を対象に「両親への関心と親子関係に関する調査」を実施。両親の思い出話が親子のコミュニケーションにどのような影響を与えるのか、探ってくれたようなんです。

では第一の設問、「自分の両親が、どんな人生を歩んできたのか興味はありますか?」から。結果、58.6%の人は親がどんな人生を歩んできたか興味があるようでした。(「とても興味がある」:16.8%、「やや興味がある」:41.8%)
しかし、残念。「両親が若い頃の話を、両親としますか?」という質問において、「親と親の若い頃の話をする」と回答した人は30.7%にとどまっている現状で。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月2日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。