超、忙しいのにクリアしちゃったよ! おもしろかったから「rain」を遊んでみて。以上!

これで終わらないのがレビュー記事の哀しさよ。というわけで、あまりゲームについて詳しくない人にも本作のキモがわかるように、ちょっと紹介してみます。

ゲームの舞台は雨がふり続く不思議な夜の町。怪物に追いかけられる少女を追って、町にさまよいこんだ主人公の少年は、自分の姿が透明になっていることに気づきます。雨に濡れて浮かび上がる少年と少女、そして怪物。ゲームの目的は怪物を避けながら少女と共に町中を進み、この世界から脱出する方法を探し出すことです。

本作の最大のポイントは、少年も少女も怪物も、雨に濡れれば姿が浮かび上がり、雨をしのげば姿が消えること。町中で遭遇する怪物たちは、主人公が雨に濡れると姿を認識し、襲いかかってきます。怪物に接触したら問答無用でゲームオーバー。逆に屋根の下などに入って姿を消せば、怪物から姿を隠すことができます。もっとも、いつまでも同じ地点に留まっていては先に進めません。意を決して歩き出しましょう。

また、途中で怪物が待ち構えていることもしばしば。こんな時には水たまりでジャンプして足音を響かせたり、蓄音機などの仕掛けを作動させて気を引き、その隙に進むなんてことも。中盤以降、少女と行動を共にするようになれば、一人では上れない場所や、動かせない仕掛けも力を合わせてクリアできます。こんな風に本作は怪物を避けながら、さまざまな仕掛けを乗り越えていく、パズル要素が中心のアドベンチャーゲームです。

この記事の画像

「ボーイ・ミーツ・ガールの切なさ。PS3配信専用ゲーム「rain」がハマる」の画像1 「ボーイ・ミーツ・ガールの切なさ。PS3配信専用ゲーム「rain」がハマる」の画像2 「ボーイ・ミーツ・ガールの切なさ。PS3配信専用ゲーム「rain」がハマる」の画像3