bit

考案者が逝去! 欧州のサンドイッチ式ケバブ事情とは

       
以前暮らしていた英国の場合、肉は羊肉か鶏肉で、フランスのように混ぜ合わせたものではなく単一のものが使われる。多くの店では羊肉と鶏肉が2種類回っており、注文時に選ぶ。

ガーリック・ヨーグルトソースやチリソースをかけ、挟むパンは主にピタだ(ナンを使う店もあり)。チップスと呼ばれるフライドポテトを加える場合もある。

ドネルケバブは、フランスでどのくらいの価格で売られているのか。ケバブ・ポータルサイト「ケバブフリット・ドットコム」によれば、パリの場合、ケバブ・フリット(パンに挟んだドネルケバブにフレンチフライを添えたもの)の平均価格は5.03ユーロ(約680円)だそうだ。

ただしフランス全体で見るとパリより高い場所は多い。もっともケバブ・フリットが高価な地域(海外県およびモナコ含む)はコルシカ(6.44ユーロ:約870円)、西インド諸島のグアドループ(6.1ユーロ:約824円)、南部ドローム(5.76ユーロ:約778円)、インド洋のレユニオン(5.58ユーロ:約754円)、モナコ(5.5ユーロ:約743円)の順だ。一方でもっとも安価な地域はセーヌ・マリティーム(4.29ユーロ:約580円)、南部ブーシュ・デュ・ローヌ(4.46ユーロ:約603円)、南西部ジロンド(4.47ユーロ:約604円)、南西部オート・ピレネー(4.48ユーロ:約605円)、北東部バ・ラン(4.54ユーロ:約614円)になる。全国平均は4.94ユーロ(約668円)だ。

欧州は日本のように深夜まで営業しているレストランは多くない。もっとも小額の紙幣(5ユーロ札)1枚で足り、量もそれなりにあって素早く、深夜でも購入できる手軽さが、ケバブをフランスでも人気ファーストフードの地位に押し上げている。
(加藤亨延)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。