review

かわいい3DCGという試行錯誤「蒼き鋼のアルペジオ」

かわいい3DCGという試行錯誤「蒼き鋼のアルペジオ」
日本の3DCGが挑む道、それは2Dアニメ的な形式に特化し、3DCGとしても魅力的な映像でした。『蒼き鋼のアルペジオ』はフル3DCGのアニメーション。キャラクターが3Dであることのかわいさ、見つけられます。
現在放映されている『蒼き鋼のアルペジオ アルスノヴァ』は、フル3DCGアニメーションです。
実際どのような絵になったかは、公式ページを観てください。
TVアニメ「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」公式HP
確かに2Dには限りなく近いけど、言われれば3Dらしさはある。
それが、止め絵でもグラビアのように魅力的。動くとさらに独特の味を出します。

艦艇のメンタルモデル(インターフェイス)が女の子、という設定のアニメです。
気になるのは、なぜあえてフル3DCGで作ったのか。
インタビューではこう述べています。

松浦:この作品での一番の新しさというのは、単に3DCGでTVシリーズを作ったということではなく、キャラクター商品としての価値も踏まえているという点なんですよ。
松浦:2Dアニメーションの場合は、意図して描きこまなければキャラクターは存在しないわけですけど、3Dの場合は、単にそこにキャラクターを存在させるだけなら、ボタン一つで既に完成したモデルを呼び出せてしまう。そこが3DCGの落とし穴なんです。ただ存在しているだけでは、視聴者に可愛くは映らない。
岸:まずお客様にとって、「3DCGのアニメって新鮮だね」というような形ではなく、素直に楽しんでいただけるものを作らないと意味がないと思っています
『蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐』岸誠二監督×松浦裕暁サンジゲン代表取締役インタビュー 「3DCGに宿る日本のアニメの"魂"」(前編)「AniFav」

あわせて読みたい

  • 全く演じずにびっくりドッキリ「gdgd妖精s」2期 菅原そうた監督に聞く1

    全く演じずにびっくりドッキリ「gdgd妖精s」2期 菅原そうた監督に聞く1

  • 5次元を描いたつもり「gdgd妖精s」2期 菅原そうた監督に聞く2

    5次元を描いたつもり「gdgd妖精s」2期 菅原そうた監督に聞く2

  • 斜め、前、横、後ろ、下、なめまわすように戦車を解説。『ガールズ&パンツァー』公式資料集

    斜め、前、横、後ろ、下、なめまわすように戦車を解説。『ガールズ&パンツァー』公式資料集

  • 戦車は乙女のたしなみ。噂のアニメ「ガールズ&パンツァー」

    戦車は乙女のたしなみ。噂のアニメ「ガールズ&パンツァー」

  • レビューの記事をもっと見る 2013年11月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース