bit

カワイイ×毒=ファンタジー!? ヒグチユウコの世界が一冊の本に

ユニクロのTシャツブランド「UT」や、資生堂「マジョリカマジョルカ」の広告、画材メーカー「ホルベイン」の文具シリーズなど、多方面で活躍している画家のヒグチユウコさん。

20~40代の女性を中心に高い人気を誇るクリエイターの1人であり、その名前を知らなくても、絵柄を見ればピンと来る人は多いのではないかと思う。

ふんわりした毛並みや目つきなどがリアルな猫や、愛らしい魅力をたたえた少女などかわいらしいモチーフと、毒々しいフォルムや色使いのキノコやイカ、タコなどを組み合わせた作品には、タッチの細かさも含めて独特のインパクトがあり、見ていて飽きない。

先日発売された彼女初の作品集『ヒグチユウコ作品集』(グラフィック社刊、税込2415円)には、近年描かれた代表的な作品のほか、さまざまなブランドなどとのコラボで生み出された作品の原画などが満載。この不思議な魅力を放つ作品たちが生まれた背景について、ヒグチさんに話を聞いてみた。

--ヒグチさんの作品といえば、猫とキノコを描いたものが印象的です。この2つをよくモチーフに選んでいる理由は?
「特に強く猫を描きたいと思っているわけではないんですよ。でも、子どもの頃からずっと飼っているということもあって、すごく身近なテーマなんです。私の場合は総じて“生き物”っていうすごく狭い世界を描いていることと、あとは企業さんとのコラボでは“猫を描いてほしい”という要望が多かったりするので、そう見えるのかもしれませんね。キノコはあの造形や、不思議な感じがとにかく好きなんですよ。資料としてキノコ図鑑を使ったりもするんですけど、写真そのままではなくそれをモチーフにして変化させて描いているので、本物のキノコとはちょっと違った作品の中だけのキノコも出てきたりします」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク