review

単なる甘えです、それは擬態うつ病です『家の中にストーカーがいます』

単なる甘えです、それは擬態うつ病です『家の中にストーカーがいます』
「あなたはうつ病です」「それは擬態うつ病です」。ありとあらゆる精神疾患の悩みに、ざくっと答える。ホームページ上で募集し、苦しんでいる人たちのメールをそのまま載せているので、読むとインパクト抜群。『家の中にストーカーがいます』は、治療ではなく、症例に興味を持ってもらうための本です。
Q.付き合って3ヶ月になる彼はうつ病で……
A.彼はうつ病ではありません。単なる甘えです。それは擬態うつ病です。

Q.時折私の名前を呼んでゴロゴロしているだけで……
A.甘えているだけです。

Q.私は単に都合のいい女で適当にキープされているだけなのでしょうか?
A.そうです。

なんともバッサリだ。
『こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です』(Kindle)は、精神科医、林公一がDr林のこころと脳の相談室で答え続けた膨大なQ&Aの中から、本人がピックアップしたもの。

うつ病、統合失調症、双極性障害など、様々な質問と答えが載っている。
質問もバラエティに富んでいる。
「12歳のころから頭の中で声がします。月に帰りたいです」
「皆と同じようにiPodの手術を受けたい」
「国内をさまよっている母と姉を助けたい」
読んでも全くわからない質問も多い。

解答は常に直球。
「あなたはうつ病です」
「ご主人は覚せい剤をやめていません」
「これは幻聴です」
精神科では通常、ソフトな前置きをしてから病気の解説をし、治療に入る。
しかしそんなことは一切しない。治療の手助けの本ではないからだ。

中でも目を引くのは新型うつ病(擬態うつ病)に対しての態度だ。
彼は、新型うつ病(本文では擬態うつ病と述べている)に対して、とにかく厳しい。
なぜなら、新型うつによって、本来のうつが隠れてしまうからだ。

あわせて読みたい

  • 「新型うつ」はアメリカの陰謀だったのか

    「新型うつ」はアメリカの陰謀だったのか

  • サブカル男子は40歳を超えると鬱になる

    サブカル男子は40歳を超えると鬱になる

  • 「うつ」と「そううつ」はどう違うのか『ソーウツ夫を救え、ウツな私の熱血ライフ』

    「うつ」と「そううつ」はどう違うのか『ソーウツ夫を救え、ウツな私の熱血ライフ』

  • 夫がウツになってから、心配よりも憎んだ時間のほうが 正直 圧倒的に長かった

    夫がウツになってから、心配よりも憎んだ時間のほうが 正直 圧倒的に長かった

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年12月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら