bit

東横インの鉄道模型が、マニアックすぎる仕様で登場

Nゲージ鉄道模型のラインナップに、全国ホテルチェーン店「東横イン」の150分の1スケールモデル(完成品)が登場! まずは商品写真を見てほしい。出張先でお馴染みのホテルが、模型として精巧に再現されている様子に、男子なら鉄道ファンならずともわくわくするのでは?

この商品を企画したNゲージ鉄道模型メーカー、グリーンマックスの井上さんに、並々ならぬこだわりをお聞きした。

「力を入れたのは意匠ですね」と井上さん。実際の東横インで使用される外壁カラーを始めとし、看板、開口部、換気口、窓の非常用進入口を示す▼マークまで、東横インからの協力を得て精密に再現した。
特に看板は、フォントで処理するのではなく、実際の看板を縮小した全く同じものを、精密印刷により表現。なおオプションで、韓国6店舗を含む244店舗(2013年10月現在の全店舗)の袖看板ステッカーも用意しており、お好きな街の東横インに衣替えすることができる。
モデルには、メイン看板が「東横イン」とカタカナで書かれたNO.2709と、「東横INN」とアルファベットで書かれたNO.2710があり、これは建てられた年代によって違うという。表記が変わった2010年以降のタイプである後者は、看板だけの違いではなく、近年ガラスが強化されたことにより、1階のガラスの格子が少なくなったといった、細かな変化まで見ることができる。

ではこの模型に一番近い実際の東横インは? と井上さんにお聞きすると、「取材したのは『羽田空港2』の店舗ですが、こちらは14階建てと規模が違います。知っている範囲では、東京の『大塚駅北口2』や静岡の『藤枝駅北口』が似ていますね」と即答。そのお答えに、東横インへのただならぬ知識を感じることができた。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月15日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。