bit

イライラ、性欲減退……、男性にも更年期障害がある

イライラ、性欲減退……、男性にも更年期障害がある
最近イライラしたり、疲れがとれなかったりしませんか?
「更年期障害でイライラしている女性上司にどう対応したらよいか」――ネットのQ&Aサイトでこんな質問を見かけることがよくある。やはり更年期障害といえば女性のイメージが強いのだろう。実は男性にも更年期障害があることは意外に知られていないのでは?

職場にしょっちゅうイライラしている男性上司はいないだろうか? イライラの理由はいろいろあると思うが、もしかしたら更年期障害が原因という人もいるかもしれない。

男性更年期障害など男性特有の悩みを解決するメンズヘルス外来を開設している城西クリニックの久末伸一先生に話を聞いた。
「男性更年期障害は40代以降に症状が出始め、50~60代が最も多い。ただし、早い人では30代での発症もあります」
同院が昨年実施したAMSスコア(加齢男性症状調査表)による調査では、男性更年期障害の疑いのある割合は40代で62.8%、50代で66.7%にも上ったという。

原因は加齢によるテストステロン(男性ホルモン)の低下。主な症状は、精神面では「イライラ」、身体面では「疲れがとれない」、性機能面では「性欲の減退」など。
「なんとなく調子が悪いと感じていても男性更年期障害を知らないために放置してしまい、長年不調に苦しんでいる人も多くいます。全国で約600万人の潜在患者がいるとされていますが、治療を受けているのはわずか2~3万人にすぎません」

同院では男性更年期障害に対する取り組みの1つとして、男性力を数値化する独自の検査 「男性力ドック」をおこなっている。これは体脂肪率や筋肉量など体組成の「身体」面、メンタルヘルスの「精神」面、男性機能の「性」的側面の3つの側面から男性の健康(=男性力)を測定するもので、男性更年期の検査もその一部。具体的には、テストステロン(男性ホルモン)値とAMSスコア(加齢男性症状調査表)によって診断され、治療としてはテストステロンの補充のために主に男性ホルモン成分が入った注射、クリーム、ジェルを処方してくれるそうだ。

あわせて読みたい

  • 健康診断「異常なし」でも要注意! 「未病」の30代男性がすべきこととは?

    健康診断「異常なし」でも要注意! 「未病」の30代男性がすべきこととは?

  • 「オトナ思春期」について、再確認!

    「オトナ思春期」について、再確認!

  • 「あの人は話が通じない!」とイライラしていませんか?

    「あの人は話が通じない!」とイライラしていませんか?

  • コネタの記事をもっと見る 2014年1月22日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース