review

直木賞作家で都知事で放送作家『昭和に火をつけた男 青島幸男とその時代』

直木賞作家で都知事で放送作家『昭和に火をつけた男 青島幸男とその時代』
森炎・青島美幸『昭和に火をつけた男 青島幸男とその時代』講談社<br />弁護士の森と、青島幸男の長女・美幸による評伝。放送作家・タレントから参院議員、直木賞作家、そして東京都知事まで務めた青島幸男の生涯を、彼の生きた時代の事件・世相などともに振り返る。帯とカバーの折り返し部分には、秋元康が小文を寄せている。青島の孫弟子にあたる秋元は、若かりし頃に青島から「君はその若さで放送作家をやってるの? 馬鹿だねえ。俺だったら発明家になるね」と謎の言葉をかけられたという。
第85回直木賞に青島幸男の『人間万事塞翁が丙午』が選ばれた。1981年7月16日のことだ。ちょうど翌日に誕生日を迎え49歳となった青島は、このとき参議院議員として3期目に入っていた。政治家だけでなく、放送作家・作詞家・タレントとしてすでに一世を風靡していた青島だが、本格的な小説はこれが第1作だった。

先ごろ刊行された青島の評伝『昭和に火をつけた男 青島幸男とその時代』(森炎・青島美幸著)によれば、若い頃より文学への志を胸に秘めていた青島が50歳を前に小説を書こうと思い立ったのは、多少時間ができたこともその理由の一つにあったという。何しろ、利権に関する陳情を受けることはなかったし、無所属のため党務というものもないので、国会会期中を除けば時間は比較的あった。テレビの仕事も、1975年をすぎた頃からぱったりオファーが来なくなっていた。これについて本書では《定かなことはわからないが、自民党筋からテレビのスポンサー企業に圧力がかけられたようである》と書かれている。

小説を書く動機としては、井上ひさしや野坂昭如といった青島と同時期に放送作家としてスタートした仲間たちが、すでに直木賞を受賞し、おのおの地位を築いていたことも大きい。青島が最初に相談したのは井上ひさしで、その切り出し方も「直木賞にくわしい文芸誌の編集者を紹介してほしい」と、最初から直木賞狙いだった。直木賞作家の大半が、受賞時点でそれなりの実績を持つ中堅作家であることを思えば、たった一度のノミネートで、それも受賞するとあらかじめ公言しての受賞はきわめて異例のことといえる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュース

次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。