bit

日本最古の芝居小屋「康楽館」に行ってきた

日本最古の芝居小屋「康楽館」に行ってきた
モダンな外観な「康楽館」
日本最古の芝居小屋――。そういわれて、ピンとくる人はかなりの芝居ファンかも?

秋田県鹿角郡小坂町にある「康楽館」(こうらくかん)。正確には和洋折衷造りの木造建築として日本最古。国の重要文化財にも指定されている。

明治43年(1910年)に誕生し、いまなお現役。これまでには市川團十郎さんや松本幸四郎さん、中村吉右衛門さんなど、そうそうたる役者たちが舞台を飾ってきた。東京や大阪などの都会ならいざしらず、人口約5,800人の小さな田舎町でこれだけ豪華なメンバーの舞台が見られるというのは、ちょっとスゴイことだ。

もともと小坂は鉱山で栄えた町。康楽館も鉱山労働者のための娯楽の場として生まれたものだった。カラーテレビが普及した昭和45年以降、しばらく使われない時期もあったが、昭和61年(1986年)に地元の人たちの手で再びよみがえり、いまやその歴史は100年以上になる。

一体どんなところなのか? 実際に芝居を観に行ってきた。

訪れたのは12月。車で田舎道を走っていると、突然、周りの雰囲気が一変。約100本のカラフルな幟(のぼり)が舞う通りに出た。美しいレンガの歩道やレトロモダンな建造物が目を引き、ハイカラなムードが漂う。聞けば「明治百年通り」というそうだ。

お目当ての「康楽館」もこの通り沿い。白い華麗な下見板張りの外観。ザ・洋風なテイストはいかにも明治時代らしく、なんだか当時にタイムスリップした気分に! ワクワクしながら中に入ると、館内は意外にも純和風な造り。そのギャップに驚いていると、

あわせて読みたい

  • 日本で最後の一軒になった見世物小屋とは

    日本で最後の一軒になった見世物小屋とは

  • 「無職です」と名乗りたくないがために旗揚げした劇団

    「無職です」と名乗りたくないがために旗揚げした劇団

  • コネタの記事をもっと見る 2014年1月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース