bit

韓国・大邱の名物料理「ヤキウドン」は、中華料理屋で売られている

韓国・大邱の名物料理「ヤキウドン」は、中華料理屋で売られている
いかにも辛そうな大邱ヤキウドン。タマネギ、タクワンなど、辛さを押さえるものが付け合せについてくるのは、韓国の中華料理店ならでは。
韓国の地方都市・大邱(テグ)市が運営する観光サイトに、興味深いものを発見。大邱の郷土料理10を紹介するページに、クッパやホルモン焼きなどとともに「ヤキウドン」なるものが取り上げられているのである。
発音もそのまま「ヤキウドン」。サイトに添えられた説明を読むと、「30年前に大邱で開発された料理」「大邱の中華料理屋ならだいたい扱っているメニュー」とある。日本なのか韓国なのか中国なのかよく分からないこの料理、一体何なのか? ソウルからバスで3時間半の大邱を訪れ、実際に食べてみた。

記者が訪れたのは、大邱の繁華街に店を構え、大邱ヤキウドンの元祖と言われている「中和飯店」。漢字で書かれた看板や、出されたメニューに並ぶ中国語を見てもわかるように、思いっきり中華料理店である。
早速、メニューの一番上に書かれていたヤキウドン(7000ウォン=約676円)を注文。すぐに登場したそれは、一目見ても日本の焼きうどんと全く違う。うどんはうどんだが、コチュジャンソースで真っ赤に染まり、いかにも辛そうなのだ。また、平皿に載っているものの、汁気は多めとなっている。
一口食べてみると、これがなかなか美味い。激辛だが、ついつい次の一口を欲してしまう中毒性のある辛さで、気がつくと最後まで平らげてしまった。豚肉、タマネギ、ハクサイ、ホウレンソウ、エビ、イカと具沢山なのもうれしい。

お店の人にお聞きすると、40年前にヤキウドンを開発したのは、中国人である初代社長なのだという(1954年に開業し、今は2代目)。だし汁に小麦粉麺が入った料理「ウドン」は、かつて日本から持ち込まれ、韓国でも既にポピュラーな食べ物となっているが、初代社長は中華料理に多い、麺を炒める料理を応用し、韓国人の好みに合わせて唐辛子をたっぷりいれ、「ヤキウドン」とした。「ヤキ」という単語はもちろん日本語の「焼き」から来ている。当時は日本語を話せる年配の方も多く、また焼いた餃子(マンドゥ)のことを「ヤキマンドゥ」と言うように、「ヤキ」という単語を使う機会も多かったのだそう。

あわせて読みたい

  • 食べるセロハンテープ? 韓国懐かしの駄菓子

    食べるセロハンテープ? 韓国懐かしの駄菓子

  • スナックではなぜ「焼きうどん」が定番なのか

    スナックではなぜ「焼きうどん」が定番なのか

  • 「山田うどんが大ピンチ!」再評価を求め、“山田者”が作り上げた一冊

    「山田うどんが大ピンチ!」再評価を求め、“山田者”が作り上げた一冊

  • 即席ソース焼きそばの調理手順 まずは、めんをバリバリ割るのがドイツ式

    即席ソース焼きそばの調理手順 まずは、めんをバリバリ割るのがドイツ式

  • コネタの記事をもっと見る 2014年1月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース