review

10周年プリキュアは魔女っ子で「東映魂」。「ハピネスチャージプリキュア!」記者会見レポ

10周年プリキュアは魔女っ子で「東映魂」。「ハピネスチャージプリキュア!」記者会見レポ
オシャレがテーマの一つになっている本作。今日のファッションのポイントは…<br />「プリキュア10周年でめでたいので紅白。白と赤を混ぜるとピンクになるんです!」(中島)<br />「この七色に輝く爪がポイント。角度を変えるとラブリーのピンクにもなるし、フォーチュンの紫にもなるので、ここオシですっ」(潘)<br />「服はフォーチュンカラー。あと、こういうおめでたい場なので、アクセサリーをつけてキラキラしてみました」(戸松)
ハピネス注入! 幸せチャージ!
2月2日からスタートする新シリーズ『ハピネスチャージプリキュア!』。2004年から始まったプリキュアシリーズの第11弾、10周年の作品だ。1月24日、新宿区のスタジオ、タバックで記者会見が行われた。

柴田宏明プロデューサーによると、このタイトルは長峯達也監督(『ハートキャッチプリキュア!』監督でもある)の強い希望で決まったもの。

柴田「企画が先にあったのか、タイトルが先にあったのか……『これしかない!』って感じでしたね(笑)」

コンセプトは「自分の物の見方しだい、自分のありようで幸せをつかみとる!」。
今回メインの一つになっているのは「オシャレ」。確かに最近の女の子、小さい頃からオシャレにこだわりを持っている(オシャレをテーマにした『わがままファッションガールズモード』などのゲームも大ヒットしている)。

戦いの途中でプリキュアがバレリーナに変わるといったフォームチェンジ要素や、イケメン二人との淡い恋愛要素もある。ここ数年のプリキュアとはちょっと違うイメージだ(ガッツリした恋愛要素は『YES!プリキュア5』ぶりじゃないかな?)。
プリキュアに変身する前でも、特殊なコスチューム(探偵服や忍者服など)を着ることで特殊能力を使う展開もあるのだとか。

柴田「これまで『衣装が多い、変わる』のは作業上のカロリーが高くて、なかなかやりたくてもやれないところがあった。でも蓄積されてきた3DCGの技術を利用することで、『今までと違ったやり方で演出していける』という心強い言葉をスタッフからもらえて、挑戦してみることにしました」

あわせて読みたい

  • キュンキュンからの〜、ドキドキからの〜「映画ドキドキ!プリキュア」初日舞台挨拶レポ

    キュンキュンからの〜、ドキドキからの〜「映画ドキドキ!プリキュア」初日舞台挨拶レポ

  • 声優も混乱。プリキュアは全部で何人でしょう「映画プリキュアASNS2」初日舞台挨拶レポ

    声優も混乱。プリキュアは全部で何人でしょう「映画プリキュアASNS2」初日舞台挨拶レポ

  • れいか、泣くなよー「映画スマイルプリキュア!」初日舞台挨拶レポ

    れいか、泣くなよー「映画スマイルプリキュア!」初日舞台挨拶レポ

  • レビューの記事をもっと見る 2014年1月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース