bit

鶯谷、円山町、高速のインター。ラブホテルはなぜ密集しているのか

そして戦後、連れ込み旅館は爆発的に急増する。公娼制度廃止によって、売春宿は店を畳まなくてはならなくなり、続々と連れ込み旅館に転業したからである。また、当時は住宅環境もあまり整っていなかったので、お風呂もない狭い家に何人もの家族が住んでいた。そのせいか、家族の目につかず、お風呂にも入れるということで夫婦やカップルでの利用も多かったという。連れ込み旅館は、人の出入りが多い上野や新宿などに立ち並んでいた。高度経済成長も手伝って、その数は爆発的に増えていく。こうして、現在のラブホテル街の原型ができていったのである。

鶯谷にも「連れ込み旅館」が進出
冒頭に書いたとおり、台東区鶯谷は、押しも押されぬ一大ラブホテル街である。鶯谷も、戦後の連れ込み旅館急増の影響を多大に受けた結果、現在の姿となったようだ。

『性愛空間の文化史』によると、鶯谷は元々インク屋や下駄屋など、別の商売をやっていた人が多かったそうなのだが、連れ込み旅館の繁盛ぶりをみて「なんか流行ってるからやってみよう」という理由で転業する店が増えていったそうである。当時、鶯谷には大きなキャバレーが2件あり、ホステスが同伴出勤の前に休憩で利用したり、退勤後に宿泊するなどして繁盛したという。こうして鶯谷には多くの連れ込み旅館が立ち並ぶこととなった。

リニューアルでどんどん近代化。“ラブホテル”になった鶯谷の連れ込み旅館
連れ込み旅館急増で、一大ラブホ街の原型ができた戦後の鶯谷。しかし、当初はすべて木造の古めかしい建物だったという。しかし、建物の老朽化などリニューアルを重ねるたびに、どんどん近代的なホテルの形になって、ホテル名も漢字からカタカナや英語に変化していったそうだ。そもそもラブホテル業界には、古いものを守っていく、という感覚があまりないとのことで、改装する時は思いっきり新しくして、名前も変えて、まるで新しくできたかのようにするそうだ。(現在では風営法による規定が厳しく、改装や建て替えも大変になっているようだが) こうして鶯谷は、東京を代表するラブホテル街になっていったのである。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月6日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。