bit

「世のさまざまな現象は数学的に表せる」を教えてくれる企画展

       
ビートたけしの、こんな発言をご存じだろうか? 

「数学というものは哲学であって、全ての事象は数学に支配されており数学で説明できる」

全ての事象に対し、勘、フィーリング、もしくは何も考えないで対応している自分には異世界の話だな……。

しかし、そんな私の人生観が変わってしまいそうな機会に遭遇! 日本科学未来館では、「1たす1が2じゃない世界―数理モデルのすすめ」なる企画を期間限定(2月19日~9月1日)で開催するそうです。

同展でも、やはり「世の中で起こっているさまざまな現象は数学的に表すことができる」と説明してくれてます。そして、数学的に表されたものを「数理モデル」と呼ぶらしい。しかも、これらの現象のほとんどは“1+1=2”で表される単純なものではないようです。

難しい話になってきましたね? しかし、今回の展示では例を挙げてわかりやすく解説してくれるので、文系の私でも普通に興味を持つことができました。例えば、シマウマの模様。あれって、数理モデルで表すことができるらしいんです。計算の成り立たない世界かと思いきや。この手の事例、挙げていくだけでも面白い。例えば、カエルの鳴き声。一匹一匹がバラバラに鳴いてるはずが、いつしか全体としてリズムが心地良くなっていき、次第に“カエルの合唱”と化していきますよね。これも、数学で表せるそう。

それだけじゃない。人間の“流行”でさえ、数理モデルで説明できる。もちろん、そこには性別だったり、地域性だったり、それこそ人間性だったり、さまざまな要素が作用します。でも、なんとそれらさえも数学的に説明できてしまうとのこと。まさに、「1たす1が2じゃない世界」!

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月25日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。