目次にずらずらと並ぶ「雑煮、おでん、鱈(タラ)、鮟鱇(アンコウ)、カツ丼……」。その数、ざっと40弱。とりわけ自分で目がないと思える食べ物に絞ってみる。

えーと、カツ丼、浅蜊(アサリ)、鰹(カツオ)、茄子(ナス)、トマト、鰻(ウナギ)、海老(エビ)、コロッケ、タコ焼き、豆腐、すし、すき焼き、カステラ……。

…………!

まるで絞れてない! と自分でも思うが、これでも全力で絞っている。だって、目次に旨そうなものが並びすぎている!

『食彩の文学事典』はこれらの郷愁を誘う食べ物や、なじみ深い和食が、小説やエッセイのなかでどのように描かれてきたか、世にあまたある膨大な小説・エッセイから「食」のシーンを紹介している。この一冊に取り上げられた作家は160人以上! 池波正太郎や開高健といった過去の「食の名手」はもちろん、まだまだ現役の山本一力や田辺聖子、角田光代や、若手では綿矢りさの作品まで幅広く取り上げられている。

■食べ物と作家。引かれた2本の補助線
例えば東海林さだおの『親子丼の丸かじり』からはこんな一節が切りだされている。

<カステラは、フォークで切ったりして食べるとおいしくない。カステラは手づかみ。手で持つとペタペタと手に付くが、それでも手づかみ。>(「大掃除のカステラ」『親子丼の丸かじり』文春文庫)

実際、食べ方でものの味はかなり変わる。僕もカステラは手づかみ派だ。カステラをフォークで食べるような輩は、カステラの角に頭をぶつけて……とか思ったりもするが、世の中にはカステラをフォークで食べる人もいるだろう。実際、食にまつわる体験や感覚は、とても個人的なものだ。