review

親は、子どもの夢をどれくらいコントロールしていいのか「映画プリキュアASNS3」小川孝治監督に聞く2

親は、子どもの夢をどれくらいコントロールしていいのか「映画プリキュアASNS3」小川孝治監督に聞く2
OPで歴代プリキュアが大集合して撮る記念写真。実はここにはヒミツが!<br /> (C)ABC・東映アニメーション
大ヒット公開中の「映画プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち」小川孝治監督インタビュー後編。内容にも踏み込んでいきます。前編はこちら


■お母さんたちに受け入れられるのか

──今回のストーリーは「母の愛と子どもの夢」というテーマ。プリキュア映画は、だいたい女の子たちが親と一緒に見に来る。あのテーマはかなり冒険だったのでは………。

小川 脚本の成田さんは、インタビューで「見ているお母さんに受け入れられるかハラハラしてる」とおっしゃってましたね。

──反対は出なかったんですか。

小川 出なかったね。
永富 すごく面白いテーマだと思った。「親の愛情」と「子供の夢」のどっちが正しいのかって、実は結論がなかなか出ない。自分たちの体験談としても、アニメ業界やライターだと、親に「本当に大丈夫か!?」と言われた経験がある。成田さんと梅澤Pは親の立場としてもリアルですよね。「子供の夢をどれくらいコントロールしていいのかは難しい」という話を子育てしている2人からたくさん聞いた。白黒はっきりできないテーマだからこそ、「プリキュアだったらどういうことが提示できるんだろう?」と議論した記憶があります。

──監督のご家族は「アニメの監督になる」ことについてどうでしたか?

小川 不安は言ってましたね。
永富 そうなんだ、やっぱり。
小川 まして、一番最初は製作進行。すべてのスケジュールを把握して作品制作を管理するポジション。「監督」だったらイメージは掴みやすいんですけど、「製作進行」の仕事はわからない。親は「それで食えるの?」「監督になりたかったんじゃないの?」という不安はあったみたいですね。でも「とりあえず、やりたいようにやればいい」と背中を押してもらいました。

あわせて読みたい

  • 新人プリキュアにドキドキばきゅーん!「映画プリキュアASNS3」初日舞台挨拶レポ

    新人プリキュアにドキドキばきゅーん!「映画プリキュアASNS3」初日舞台挨拶レポ

  • 32人のプリキュアはいじめにどう立ち向かうのか「映画プリキュアASNS2」 梅澤淳稔Pに聞く1

    32人のプリキュアはいじめにどう立ち向かうのか「映画プリキュアASNS2」 梅澤淳稔Pに聞く1

  • 声優も混乱。プリキュアは全部で何人でしょう「映画プリキュアASNS2」初日舞台挨拶レポ

    声優も混乱。プリキュアは全部で何人でしょう「映画プリキュアASNS2」初日舞台挨拶レポ

  • いよいよ完結編「映画プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち」が待ち遠しい

    いよいよ完結編「映画プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち」が待ち遠しい

  • レビューの記事をもっと見る 2014年3月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース