地理的にも歴史的にもライバル関係であるロンドンとパリ。ロンドンは王室に代表される歴史と伝統、パリはファッションの発信地といったイメージがあるが、実際それぞれの良さとは何だろうか? 両都市を比べた話題はしばしば人々の話の種にされたり、現地メディアでも取り上げられたりする。コネタでも現地の反応を参考にしつつ、分野別に比べてみた。

まず来訪者数で比べると、全体的にはパリが多い! 2013年パリは3230万人の観光客を受け入れ世界一の観光都市だった(パリ・イル・ド・フランス観光地方委員会)。それならばパリが完勝かと思いきや、外国人だけを比べてみるとロンドンが上回る。パリの1550万人(2013年)に対して、ロンドンは1600万人なのだ。日本の場合、日本全体で外国人旅行者数が今年1000万人を越えたくらいなので、両都市の観光産業の盛んさが分かるはず。

それゆえ人気観光スポットも多いが、ロンドンの場合はビッグベン、ロンドンアイ、大英博物館がトップ3、パリはエッフェル塔、ルーヴル美術館、凱旋門が占めている(ちなみにパリ市内にはないものの、ディズニーランド・パリが欧州で一番観光客を集めるスポット)。美術館の数はロンドンの240に対して、パリは153。ロンドンの主要な美術館が無料だが、パリは有料だ。

食についてはパリに分がある。ロンドンには約1万2000軒、パリには約9700軒のレストランがあるそうだが(トリップアドバイザー)、ミシュラン星付きレストランの数を比べると、ロンドンの61軒に対しパリは84軒と多い。近年ロンドンのレストランは、以前に比べおいしいところも増えているといわれるが、毎年きら星のごとくスターシェフが生まれるパリからは、まだ遠いようだ。