bit

昆虫採りで天才が育つ!? 虫好き教授がつくった「虫の詩人の館」がアツい!

読者の皆さんは子供の頃、昆虫採集をした記憶があるだろうか? あまり馴染みのない方も「ファーブル昆虫記」を読んだ記憶くらいはあるかもしれないが、このファーブル昆虫記、実は本国フランスよりも日本でのほうが断然有名らしい。ヨーロッパの人は虫の名前を知らない人も多く、それほど日本人は“虫好き”な国民なのだそうだ。そんな虫好きの教授が「昆虫にかける情熱」だけで作った私設昆虫館が東京にあると聞き、ボランティアスタッフの方にお話を伺った。

■大英博物館をしのぐ数の昆虫コレクション!

それは今年3月に開館7周年を迎えた、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」。NPO法人「日本アンリ・ファーブル会」の理事長で、「完訳 ファーブル昆虫記」の翻訳も手掛ける奥本大三郎氏が自宅を改装し、10万点以上の標本を集めて作った私設記念館だ。日本全国から貴重な蔵書や標本の寄贈があり、なんと大英博物館のコレクションをしのぐほどの昆虫標本の数になっているらしい。ちなみに、「これ以上(昆虫標本を)家に置かないで!」と奥さんに苦情を言われ、泣く泣く寄贈をしてくる男性もいるそうです(笑)。

昆虫館は、「自然のなかで仲間と遊び、昆虫などの生き物に触れる大切さを再認識してほしい」「心豊かな自然人に育てるような環境を作りたい」という奥本氏の熱い思いから生まれた。氏は「塾通いやゲーム漬けの日々が、子供たちを硬い殻に閉じこもらせ、感受性の貧しい、本当の美や楽しみを知らない“半大人”を形作ってしまっているのでは」と現代の生育環境について非常に心配をしているそうだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク