review

テキヤとヤクザは違うのか『テキヤはどこからやってくるのか?』

祭りから、露店が姿を消しつつある。

『週刊実話』2012年8月2日号の記事によると、関西地方では暴力団排除条例の余波で露店や屋台が激減しているようだ。例えば京都の2012年祇園祭では前年に比べて約200店も減少したという。
また2013年には、暴力団員に用心棒代を支払っていたとされる兵庫県の認可法人「県神農商業協同組合」が解散を決めた。この団体には県下の露店商約200名が加入していた。(『毎日新聞』2013年8月20日/地方版/兵庫)

露店商は果たしてヤクザなのだろうか。

『テキヤはどこからやってくるのか? 露店商いの近現代史を辿る』は、知られざる露店商の世界について教えてくれる新書。著者の厚香苗は、東京都墨田区の下町生まれ。幼い頃から縁日に親しみ、「テキヤさん」の仕事を手伝ったこともある。現在は研究者であり、テキヤ集団へのフィールドワークも行ってきた。

ある露店商が著者に語ったところによれば、テキヤは「七割商人、三割ヤクザ」であるという。これは、反社会的組織の一員になっている者が三割という意味と、気質として三割は「ならず者」だという気分が込められている、と説明されている。
いずれにせよ、テキヤの七割は地道に商いをしているわけだ。

そもそもテキヤたちは、近世江戸近郊でお香の原料を行商していた「香具師」の系譜に連なり、「神農」という職業神を精神的よりどころとする地縁的商人集団である。
そこでは古くから「組」や「一家」など「親分子分関係」という血縁のない他人同士による結びつきがなされ、前歴を問わず、やる気のある者を受け入れてきた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク