bit

「アンチ巨人」は今も健在か

子どもの頃、クラスには「巨人ファン」と同様に「アンチ巨人」が大量にいた。

自分も後者の一人だったが、きっかけは「父親がアンチ巨人だったこと」「好きなテレビ番組が巨人戦で潰れること」など。
そのため、万年リーグ5~6位の成績にもかかわらず、巨人を得意のフォークで斬ってくれた横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)・遠藤一彦投手のファンになり、大洋ファンになった経緯もあった。
我が家では、ひいきのチームはそれぞれ異なるものの、「巨人の悪口」が親子で盛り上がる共通の話題だったが、そういった親子は日本に多数いたことと思う。

でも、「アンチ巨人」って、今も健在なのだろうか。長年のアンチ巨人は根強くいると思うが、新規のアンチ巨人は少ない気がする。自分はいつの間にか「アンチ巨人」熱が冷めてしまったし、巷でも「アンチ巨人」を公言する人にあまり出会わない。

かつての「アンチ巨人」のきっかけや理由、現状について考察してみたい。

●親の影響→親の影響でアンチ巨人になる子は、昔ほど多くない印象がある。そもそも子どもの親世代(30代~40代)には「メジャーリーグのほうが面白い」という人や、「野球よりサッカー」という人も多く、視線が外に向けられているせいもあるだろう。

●「好きなテレビ番組が巨人戦で潰れる」→昔に比べ、テレビ放送されるのが巨人戦ばかりでなくなっている。また、毎日ゴールデンにアニメ番組があった昔と違い、そもそも子どもがテレビをさほど観ていないこともある。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク