review

「半沢直樹」以来の復讐ブームの中で「恨みを和らげていただきたい」と訴える「死神くん」の異彩

2014年4月期のドラマがほぼスタートして、目下、2話、3話・・・と進行中だ。
毎期、刑事ものが多いとか医療ものが多いとか、なんらかの傾向が見られるので、今期はどうかと考えたところ、「リベンジもの」が多いことに気づいた。明らかに「倍返しだ!」の「半沢直樹」の影響だろう。

例えば、「半沢直樹」と同じ原作者・池井戸潤の小説のドラマ化「ルーズヴェルト・ゲーム」1話(TBS日曜9時)では、会社経営に窮している社長(唐沢寿明)に会長(山崎努)は「逆転すればいい」と焚き付ける。
同じく、池井戸ドラマ「花咲舞が黙っていない」(日本テレビ水曜10時)は、主人公(杏)の決め台詞が「お言葉を返すようですが」。彼女は相手の言い分をくるりとひっくり返す(逆転)。そういえば、杏は「保険をくるり」というCMもしていたっけ。
「もう全部捨ててきた。父を死に追いやった人間にひとり残らず復讐するために」と思い詰めているのは、「アリスの棘」(TBS金曜10時)の主人公(上野樹里)。
「死者の無念をはらす仕事についている」と、死者に変わって殺人犯を捕まえるのは「BORDER」(テレビ朝日木曜9時)の主人公(小栗旬)。
「呪われるぞ。おまえは必ず百舌のはやにえ(早贄)にされる」なんて、物騒な台詞が出てきたのは、「MOZU」(TBS木曜9時)。
「極悪がんぼ」(CX 月曜9時)では、主人公(尾野真千子)が「型にはめられるのはこれが最後よ。これからはきっちり型にはめたるわ」と凄んでいる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ルーズヴェルト・ゲーム」に関する記事

「ルーズヴェルト・ゲーム」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ルーズヴェルト・ゲーム」の記事

次に読みたい「ルーズヴェルト・ゲーム」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク