review

橋田壽賀子「あまちゃん」など朝ドラ制作陣を表彰、その時能年玲奈は……橋田賞授賞式潜入レポ

橋田壽賀子「あまちゃん」など朝ドラ制作陣を表彰、その時能年玲奈は……橋田賞授賞式潜入レポ
橋田壽賀子から表彰される橋田賞新人賞・能年玲奈
「渡る世間は鬼ばかり」「なるようになるさ。」を手がける脚本界のクイーン・橋田壽賀子先生が理事をつとめる橋田文化財団主催の橋田賞の授賞式が、5月9日(土)、早稲田リーガロイヤルホテルの中のシャンデリアがキラキラ光る宴会場で行われた。

この賞は、「日本人の心や人と人とのふれあいを温かくとりあげてきた番組と人に対して顕彰助成するもの」で、今年は22回目。

受賞作品に関わった方々が壇上にあがり、橋田先生から表彰される。

今年は、大賞に該当者なし。橋田賞に「オリンピックの身代金〜1964年・夏」(テレビ朝日)、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)、『戦場で書く〜作家 火野葦平の戦争~』(NHK)、『キッチンが走る!』(NHK)。脚本家・森下佳子、ジャーナリスト岸井成格、橋田賞新人賞に綾野剛、能年玲奈、橋田賞特別賞に伊東四朗が選ばれた。NHK率高いですね。

橋田先生は、最初に「今日は一年で一番いやな日です」と挨拶し、会場を爆笑の渦に。ひとまえに出るのが好きではなく、こういう華々しい場は気がひけるらしい。
だからなのか、壇上の背後は金屏風にも関わらず、橋田先生は黄色いロングワンピースで登場。背景にとけ込んでしまいたいという気持ちの現れだろうか。橋田先生、おくゆかしい!

そうはいっても、橋田先生、作家だけに言葉は立つ。
「オリンピックの身代金」のキャスト代表で壇上にあがった竹野内豊に、客席から橋田ファミリーの泉ピン子が「いい男!」などと盛り上げると、「私の竹野内さんですから」とすかさず言い、...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年5月12日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「わろてんか」のニュース

次に読みたい関連記事「わろてんか」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース