bit

キリスト教の牧師が監修! 聖書がカードゲームになった

キリスト教の牧師が監修! 聖書がカードゲームになった
世界に散らばった「失われた聖書」(聖書カード)を獲得する……というゲーム
知人で、急速に『三国志』に詳しくなった者がいたので理由を聞くと、どうも『蒼天航路』を読んでいたらしく。これは、三国時代の英雄・曹操を主人公に据え、三国志の世界を描いた長編マンガ。
いや、いいですよね。楽しみながら、いつの間にか知識も増えているという一石二鳥。有意義な娯楽と言えます。

そして今、こんなカードゲームが話題となってます。キリスト新聞社が4月25日より発売しているのは、その名も『バイブルハンター』!
ストーリーは、主人公が「バイブルハンター」になって、世界に散らばった「失われた聖書」(聖書カード)を獲得する、という内容になっているらしく。その際のスペシャルなポイントとして、新約と旧約の聖書に登場する多彩な人物(モーセなど)を召喚することが挙げられます。要するに、新約と旧約の登場人物のコラボ! これって、今までにないことですよね!?
「というか、カードゲームの発売自体が有り得なかったんですけどね(笑)」
お答えいただいたのは、キリスト新聞社が発行する雑誌「Ministry(ミニストリー)」編集長の松谷信司氏。

では、同氏にこのようなカードゲーム発売の経緯について伺ってみましょう。
「もともとは、『Ministry』の付録という形で発表したものでした。編集長として『付録には絶対カードゲームがいい!』とかなり強引に進めたのですが、そういうニーズが教会内外にあることは確信していました。少しの冷たい視線を感じながらの作業ではありましたが(笑)」(松谷氏)

あわせて読みたい

  • カードゲームが熱い! 2011年UNO大会

    カードゲームが熱い! 2011年UNO大会

  • 需要を見極めろ! 「交易王」で戦ってみた

    需要を見極めろ! 「交易王」で戦ってみた

  • お先に失礼したもん勝ち 「お先に失礼しま~す」で遊んでみた

    お先に失礼したもん勝ち 「お先に失礼しま~す」で遊んでみた

  • 究極の遠回しゲーム『KY式日本語カルタ』で遊んでみよう

    究極の遠回しゲーム『KY式日本語カルタ』で遊んでみよう

  • コネタの記事をもっと見る 2014年6月2日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース