現在実写版「パトレイバー」第二章が放映中です。
THE NEXT GENERATION パトレイバー
メインビジュアルのロボット、格好いいでしょう?
でもね、全然動かないから。
知らない人なら肩透かし。
知ってるファンなら「やっぱりね」。

「機動警察パトレイバー」は、初期OVAとゆうきまさみの漫画版が、1988年にはじまったメディアミックスプロジェクト。
ゆうきまさみの漫画版は、ロボット工学は進歩すればこうなるかもしれない、という近未来(2000年。とっくに通り過ぎましたよ!)を描いた作品。
民間のレイバー(作業用ロボットの総称)犯罪。警察のレイバーが起動して、治安を維持していきます。グリフォンなどの宿敵レイバーを相手に戦う、SFアクション作品でした。
一方、アニメ監督・押井守が関わっているTVアニメとOVA版は、半分はそのようなレイバーのアクションアニメになっています。半分はね。
じゃあ残りはというと、レイバー整備班や、特科車両二課の日常のドタバタ中心。やれ地下に白いワニが出ただの、やれ整備班の成人向け本処分だの、やれ出前が届かないだの。レイバー一切出てこない回が山ほどあります。
ぼくが好きなのは新OVAの香貫花・クランシーVS熊耳武緒回ですね。おたけさん派です。
「すごく設定はリアル」「なのにロボットが動かない」。これがパトレイバーの魅力の一つです。

そして今回の実写劇場版。
エピソード0と1では「いかにレイバーが無用の長物なのか」