bit

「タケノコ水煮」はなぜ中国産が多いのか

「タケノコ水煮」はなぜ中国産が多いのか
美味しいタケノコがいつでも食べられるといいですね
冷し中華やそうめん、枝豆、焼きナス、冷やしトマトなど、夏には夏の楽しみがたくさんあるが、その一方で寂しいのは、タケノコの季節が終わってしまったこと。
しかも、いつでも気軽に手に入る水煮を買おうと思うと、手頃なものは中国産ばかりなのが現状だ。なぜ国産の商品が少ないのだろうか。
タケノコの水煮を中心とした加工食品の製造・販売会社である大分県の「クローバー食品」に聞いた。

「2007年から2008年に発生した『中国毒ギョーザ事件』を境に、それ以前の加工用タケノコの業界は、品質が良くて、価格が大幅に安い中国産にシフトされました。国産加工用タケノコはほとんど出荷されなくなり、国内の生産者は、極端に少なくなってしまったんです」

ところが、消費者の需要としては、ギョーザ事件以降、中国産タケノコが敬遠されるようになり、売れなくなったと言う。
そのため、国産を調達できなかった業者が中国産を『国産』と偽って販売する偽装事件が2008年頃に続発したそう。そして、そうした不祥事の影響で、国内の山菜加工業者のうち約30社が消えていったそうだ。
「今後は、生産者も高齢化によって、ますます少なくなると思います。また、最近の消費動向は、簡単で便利な商品へと、消費量も減ってくると思います」
タケノコ好きからみると、これは非常に寂しい傾向である。

でも、そんななか、クローバー食品では、金属検査やX線検査などを導入した厳重な検査体制を設け、トレーサビリティ(生産履歴)が確認できる体制を確立。さらに、「安全・安心・おいしい」をテーマに、商品の原材料である農産物の栽培から加工まで、一体管理する目的で、2006年に「農事組合法人JAPAN・クローバー」を設立したと言う。

あわせて読みたい

  • 中国の歯科技工はすごいらしい

    中国の歯科技工はすごいらしい

  • 中国奥地で作られる幻のワインとは

    中国奥地で作られる幻のワインとは

  • コネタの記事をもっと見る 2014年7月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース