暑い季節は、アイスコーヒーをぐいっと飲むのが、至福のひとときだ。

不思議なのは、ブラックの缶コーヒーを飲むと、トイレに行ったときにコーヒーのニオイがすること。
ミートソースなど、食べた後にトイレが臭うと言われる食品はときどきあるが、挽いた豆でいれるコーヒーやインスタントコーヒーでは臭わないのに、ブラックの缶コーヒーでだけ臭うのだ。
これってなぜ? ブラックの缶コーヒーのメーカーに聞いてみた。

「トイレに行ったときにコーヒーのニオイがするのは、砂糖やミルクが入っていないブラックのコーヒーだからではないかと思います。弊社の製品はコーヒーの豆をたくさん使っているので、飲んだときに香りの成分がすべて体内に吸収されずに、尿と一緒に排泄され、ニオイが出ることがあります」
比較したわけではないが、おそらく砂糖やミルクが入ったコーヒーでは、それほどニオイがしないのではないかと言う。

でも、挽いた豆のコーヒーやインスタントでは臭わないけど、どういう違いなのか。一般社団法人全日本コーヒー協会に聞いてみると……。
「インスタントコーヒーの場合、スプーン〇杯など、基準が決まっていますよね。缶コーヒーの場合は、内容量100グラムに対して5グラム以上の生豆を使うことになっており、重さにするとインスタントの1.3倍くらいになるんです。ですから、使用している豆の量が多いのかもしれません」

缶コーヒーには、体内で分解・吸収できない香料が入っていたりするのだろうか。