bit

ナゾの激うまアイス「東北大板」が中国で大ブーム

連日気温40度超が続いた昨年とはうって変わって、今年は30度すらめったに超えない冷夏の上海。しかし、そんな気候にも関わらず、この夏、中国で大ブームとなっているアイスがある。その名も「東北大板(ドンベイダーバン)」。

よく「東北大阪」と勘違いされ、日本と関係あるの? と思われる方も多いが、「阪」ではなく「板」。もちろん東北大学も関係ない。中国の「東北」地方、黒竜江省大慶市にあるメーカー紅宝石で作られたアイスなので、この名前がついていると思われる。

ナゾの激うまアイス「東北大板」が中国で大ブーム

▲東北大板の味はバニラ・イチゴ・チョコ・ミルクの4種類。「大板」という名前だが、日本のガリガリ君よりちょっと小ぶりくらい。

中国の北の果てで作られた1本3元(約50円)のこのアイスは、まず首都北京で瞬く間に人気となり、勢いに乗って上海に進出してきた。
そっけなく「東北大板」とだけ書かれた簡素な包装のアイスが、なぜこんなにもウケているのか。まずは、味の面からその秘密を探るべく、4種類全部購入し、食べ比べてみた。

まずは定番のバニラ味。
パッケージに「子供の頃の味!」と書かれている通り、どこか懐かしい味。卵と牛乳の香りが、かなり残っていて、ミルクセーキをアイスにしたようなイメージ。日本だと「おばあちゃんの」とか「横浜馬車道発祥の」みたいな枕詞を添えて売られていそうな感じである。

続いて、最も評判が良いと言われるイチゴ味。
パッケージをはずすと意外に自然なイチゴ色。さらにはイチゴ表面のつぶつぶも中に入っている。日本ではあり得ないほどに、アイスの棒が斜めに刺さっており、このへんの大雑把さはやはり中国。一口食べてみると、つぶつぶの口当たりも相まって、なかなかのイチゴ感。このレベルのアイスが50円ならかなりお得と言えるだろう。

あわせて読みたい

  • 「うどん県」が生み出したとんでもない新スイーツとは

    「うどん県」が生み出したとんでもない新スイーツとは

  • カチカチに凍った、固いアイス専用のスプーン

    カチカチに凍った、固いアイス専用のスプーン

  • コンビニアイスの評論家

    コンビニアイスの評論家

  • タケノコ水煮 中国産が多い理由

    タケノコ水煮 中国産が多い理由

  • コネタの記事をもっと見る 2014年8月22日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース