review

大炎上「TVタックル」アニメ規制特集、規制賛成派から見た「オタク」の姿

大炎上「TVタックル」アニメ規制特集、規制賛成派から見た「オタク」の姿
9月1日に放送された「TVタックル」の「ロリコン&暴力 アニメに規制は必要か?」特集。猛烈な反発と批判が集中し、スタッフへの殺人予告も出てきてしまった。出演したオタクのTwitterが特定され、退会に追い込まれる事態も起こっている。番組内の「規制賛成派」から、オタクはどのように見えているのだろう?<br />(※画像は『ニッポンとビートたけしのTVタックルがもっとわかる本』テレビ朝日より)
9月1日深夜に放送された「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に批判が集中している。テーマは「ロリコン&暴力 アニメに規制は必要か?」。アニメの中のロリコン描写や暴力描写を取り上げ、犯罪につながるのではないか、規制は必要ではないかと議論した。
規制賛成派として、土屋正忠・平林都・大竹まこと・出口保行が出演。規制反対派には江川達也・犬山紙子・岡田斗司夫・ミッツ・マングローブが並んだ。

規制賛成派と規制反対派、そしてアニメオタク3人を交えての討論は、最後まで実のあるものにはならなかった。両者とも相手の話をさえぎり、単発的な反論や感情的な反駁がみられ、テレビ的に都合のいい〈ちょっと面白くて過激な発言〉でトピックが強制的にまとめられる。
まあ、それは悲しいですが日本の議論番組ではよくあること。もともと「TVタックル」は取り上げたテーマに対して建設的な意見を作り上げる番組ではなく、テーマをめぐってみんながワイワイ言い合うのを楽しむ番組だ。

さて、前半部分は規制賛成派寄り、後半部分は規制反対派寄りの結論になっていたように思えるが、賛成派の意見に対する反発は非常に大きかった。9月3日には「TVタックル」スタッフに殺人予告まで出てしまった。
確かに、規制賛成派の意見は、アニメ好きからすると猛反対を唱えたくなるようなものばかりであるし、「偏見だ!」と言ってしまいたくもなる。けれども逆に、「オタクはこういう風に見られているんだ」という鏡にもなる。特に目立った3人の意見から、オタクに偏見のある人の代表的な反応を紹介したい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2014年9月4日のレビュー記事
「大炎上「TVタックル」アニメ規制特集、規制賛成派から見た「オタク」の姿」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    自民党マジ調子のってるよなあ あんまなめてっと死ぬってこと教えてやらねえとダメだな 赤軍が着々と育ってゆくってのにな バカな連中てかあいつらはもうじき死ぬだろうから躯を踏みつけてやろうぜハハハ

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら