「キルラキル」BD9巻発売から一ヶ月近く経ちました。
その中に収録されている25話、みなさんご覧になりました? なったよね?
いやまだ見てない? じゃあ見ましょう!
実に「キルラキル」らしい、スカッとする内容です。

●ファンディスクとして最高に熱いぜ!
中島かずき「二十五話はやっぱりおまけなんです。それを観なくても『キルラキル』という作品はしっかり完結しているというカタチにしたい。その上で最高のおまけは何だろうとなると、皐月の心の問題かなあと」
『キルラキル脚本全集』より

ストーリー自体は、24話まででちゃんとまとまっています。
24話のエンディング、流子とマコと皐月様のデートで、後日談としては十分。

そのため、25話はファンディスク的な要素が大変強い。
全部見てきた人なら、あれもこれも出てくるのでテンション上がります。いろんなこと思い出して、笑いながら泣きそうになります。
例えば、もうDTRはなんだったんだよ、とかね。
美木杉「だめだ。それじゃ美しくない!」
黄長瀬「美しいと思ってたのか、今まで!?」
そうそう。ツッコミ入ってこそのキルラキル。

揃のお茶を全校生徒に振る舞わせるとか、どんだけ酷使するんですか。
なんでチーズでマコは捕まりますか。かわいいなあ。
お約束のオンパレードです。

と、ここまではサービス分。
今までこの作品を見てきた人へのご褒美です。

●喪失感がないと前には進めない
ストーリー部分は、主に皐月様というキャラの掘り下げがメイン。