review

騒然「玉川区役所 OF THE DEAD」は本当に「就職難!! ゾンビ取りガール」をパクっているのか

騒然「玉川区役所 OF THE DEAD」は本当に「就職難!! ゾンビ取りガール」をパクっているのか
パクられたとウワサになった「就職難!! ゾンビガール」。最新の2巻が9月末に発売されました。
ゾンビ愛溢れる僕ですから、これまでにない世界観を発明しました
という監督のコメントがネットで批判を受けて話題になったドラマ、「玉川区役所 OF THE DEAD」が10月3日深夜から始まった。

批判を受けたきっかけは、今年8月に「玉川区役所〜」の製作が発表されたときに、舞台や設定が福満しげゆきの「就職難!! ゾンビ取りガール」と似ていると指摘されたことだった。

「ゾンビ取りガール」はゾンビがぽつぽつと発生したが、知能も動きも悪くてそこまで害が無いので抜本的な対策を取られないまま、なしくずしに日常風景の一部となった日本が舞台。一方、「玉川区役所〜」はゾンビがメキシコから世界に広がり一度はパニックになったが、知能も動きも悪いのであっさり鎮圧されて、今ではそこらへんを徘徊して日常風景の一部となった日本が舞台だ。細かなところは異なるものの、たしかに「ゾンビが日常となった日本社会」という点は共通している。

さらに福満しげゆきは「ゾンビ取りガール」の約10年前から、「日本のアルバイト」として同じ設定の短編を、2003年の「カワイコちゃんと2度見る」、2012年の「僕の小規模な生活6」で発表している。また、2007年に発売されて2012年に映画化された古泉智浩の「ライフ・イズ・デッド」でも「ゾンビが日常になった日本社会」を描いていたが、こちらは後書きで福満しげゆきの作品に影響を受けていることを明言していた。

あわせて読みたい

  • おはようからおやすみまで暮らしをみつめるゾンビ。韓国映画「隣のゾンビ」

    おはようからおやすみまで暮らしをみつめるゾンビ。韓国映画「隣のゾンビ」

  • 『となりの関くん』作者の傑作ホラー『学園恋獄ゾンビメイト』

    『となりの関くん』作者の傑作ホラー『学園恋獄ゾンビメイト』

  • 北海道のご当地アイドルはゾンビ

    北海道のご当地アイドルはゾンビ

  • レビューの記事をもっと見る 2014年10月6日のレビュー記事
    「騒然「玉川区役所 OF THE DEAD」は本当に「就職難!! ゾンビ取りガール」をパクっているのか」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      ドラマ見たけどイマイチだった。もういいや。 ゾンビ取りガールをドラマ化したらよかったのにな…。

      5
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース