review

「驚くことに『進撃の巨人』にそっくり」使徒が人を食う「エヴァ」幻の劇場新作を庵野秀明が語る

       
テレビシリーズ本編については、トークショーではほとんど語られなかった。当時の心境は太田出版の『スキゾ・エヴァンゲリオン』『パラノ・エヴァンゲリオン』に赤裸々に綴ってあるので、そちらを参照してほしいとのこと(Kindle版が11月20日に出るので要チェック)。
ちなみに、『スキゾ』『パラノ』の庵野のインタビューパートは、インタビュー形式をとっているが、実は庵野がほぼ自分で書いたのだという。つまり質問を書いているのも庵野、答えを書いているのも庵野だということになる。

追記/当該記事掲載後、『スキゾ・エヴァンゲリオン』『パラノ・エヴァンゲリオン』の筆者の一人である竹熊健太郎氏から、記事は通常のインタビューと同じく、インタビュアーの竹熊健太郎・大泉実成が質問を行い、文章をまとめたとの訂正依頼がありましたことをここに追記いたします。

■幻の「旧劇場版」は「進撃の巨人」?

そして旧劇場版。テレビシリーズの25話・26話で表現できなかったものを描いている。戦自が来てアスカがやられ、シンジは内向的に落ちていくという基本の流れは、企画発案当初から想定されていた。
劇場版の企画は、もともとは「再編集版」と「完全新作」の2本。「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」のように、テレビシリーズの内容をすべて総括し、新しく構成しなおした作品が出る予定だったのだ。

「2時間で終わる『エヴァ』。このプロットが、驚くことに『進撃の巨人』にそっくりなんです(笑)。人類はほとんど滅亡しかかっていて、街はATフィールドで守られている。長い大きな橋だけが外界に通じている。そこを、使徒がやってきて襲ってくる。しかもその使徒は人を食うんです」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。