bit

160種類もの葉っぱのモチーフを収録! アイデア次第で用途も広がる「落ち葉切り紙」

秋は紅葉が楽しめるシーズン。色づいた葉っぱが敷きつめられた道も情緒がありますよね。そんな落ち葉を自分で作るっていう考えもあるのか! と気付かされたのが、この11月に発売されたばかりの書籍「落ち葉切り紙」(Killigraph・著/誠文堂新光社・刊)。
160種類もの葉っぱのモチーフを収録! アイデア次第で用途も広がる「落ち葉切り紙」

著者のKilligraphこと瀬川卓司さんは、以前コネタでも紹介したことがあるけれど、これまでさまざまな切り絵を制作し、著者も多数。そんな瀬川さんの切り絵はこれまで人物や動物モチーフが多かったのだが、最新テーマが落ち葉とは、またユニーク。早速、本書について瀬川さんに取材することに。

――まず、「落ち葉切り紙」の本を企画した経緯を教えていただけますか?
企画自体は数年前に思いついたものです。落ち葉を切り紙にしたらかわいいんじゃないかと、少し温めていて。それから誠文堂新光社に、まずはふせんを使った別の切り絵の企画を持ち込んだところ、そちらは通らなかったのですが、落ち葉の切り紙の話をしたら盛り上がったんです。そこから、自然の形をモチーフにすれば、何年たっても廃れず普遍的で、長く親しんでもらえる本になるのではないかという話になり、制作することになりました。

本書に収録されている葉っぱのモチーフは、いちょう、楓、けやき、白樺など、なんと160種類。単純に切り紙といっても、作り方もさまざま。まず紹介されているのが、紙をふたつに折ってハサミで切る最も簡単なバージョン。2つ折りのため、形は左右対称になるというもの。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。