bit

アメリカで「メリークリスマス」はタブー? 米国のホリデー事情

日本のH&Mのレジで「メリークリスマス」という合い言葉を言うと、合計金額から25%引きになるというキャンペーンが実施中だ。
これを見て、日本って本当に幸せな国だな、と思ってしまった。というのは、ここ米国で「メリークリスマス」なんて公共の場で言おうものなら、どん引きされてしまう。ご存じの通り米国は人種や宗教がミックスしているので、何気ない一言でその場がサーッとしらけてしまう可能性があるのだ。
アメリカで「メリークリスマス」はタブー? 米国のホリデー事情

クリスマスと同じ時期にユダヤ教のジューイッシュの人々が祝う「ハヌカ」がある。アダム・サンドラーが歌う「ハッピーハヌカ」をご存じの方もいると思うが、アメリカではクリスマスではなく「ハヌカ」を祝う人が多いのだ。(そのちょっと後にはアフリカの人々が祝う「クワンザ」なるものもある)

同時期頃に宗教的、人種的なイベントが目白押しなので、キリスト教色が強く出る「メリークリスマス」は禁句ではないにしろあまり使われない。その代わり、みんな平等に使える「ハッピーホリデー」がよく用いられる。

さて、ハヌカにしろクリスマスにしろどちらもプレゼントは必須アイテム。この時期、お店ではプレゼントもとより、ラッピングペーパーが山になって売られている。
アメリカで「メリークリスマス」はタブー? 米国のホリデー事情
赤と緑が基本色なクリスマスラッピングペーパー。クリスマス用ラッピング売り場の隣には、しっかりハヌカ用のラッピングも(ブルーが基本色)

日本のように、お店でラッピングしてくれることは皆無なアメリカ(簡易包装さえなし)。自分で筒状になったラッピングペーパーを購入し、ハサミとテープでせっせと包装する作業がアメリカ人にできるのだろうか? なんてことが頭をよぎったが、箱の角なんて気にする事はない、テープも長いまま貼りつけたっていい、紙だってまっすぐに切る必要なんてない。プレゼント自体が隠れていて、中に何が入っているかわからなければ問題ないらしい。

あわせて読みたい

  • クリスマスにまつわる、心があったかくなる話

    クリスマスにまつわる、心があったかくなる話

  • 北欧のクリスマスの主人公はサンタクロースじゃない!?

    北欧のクリスマスの主人公はサンタクロースじゃない!?

  • クリスマスに男性をまっすぐ帰らせる手料理は「ローストチキン」!

    クリスマスに男性をまっすぐ帰らせる手料理は「ローストチキン」!

  • かき氷から炎も!クリスマスかき氷って何だ!?実際に食べてきた

    かき氷から炎も!クリスマスかき氷って何だ!?実際に食べてきた

  • コネタの記事をもっと見る 2014年12月17日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら