例えその名前が知られていなくても“どこそこのカレーパンの店”といった、スペシャリテ(看板料理)が噂を呼ぶ店がある。あるとき“ペンギンパンの店がある”“かわいいだけじゃなく、味も美味しい”との噂を聞きつけたので、早速調べてみた。その店は三軒茶屋にあるという。
巷で噂の“ペンギンのぱんやさん”に行ってみた
左からカボチャあん入りの「黄ペンギン」、スイートポテト入りの「紫ペンギン」、カスタードクリーム入りの「パングワン」(全て210円税込)。

大通り沿いではないものの、三軒茶屋駅南口からわずか1分ほどと駅近なそのお店の名前は「ぱんやのパングワン」。近づいてみると、看板にも愛らしいペンギンを発見……!
巷で噂の“ペンギンのぱんやさん”に行ってみた
看板にもパンを小脇に抱えたペンギンが。

お店に入ってすぐのところに、ペンギンをかたどったキュートな「パングワン」(210円税込※予約は5個まで)が並んでいる。黒はカスタードクリーム入りの通年商品。この他、土日限定販売のチョコクリーム入りの「ピンクパングワン」(210円税込)、カボチャあん入りの「黄ペンギン」や紫イモのスイートポテト入りの「紫ペンギン」(ともに210円税込、12月末頃までの限定販売)といった期間限定商品があったりと、色とりどりのペンギンパンが……! 中でも目を引くのはクリスマスシーズンだけのスペシャルな「クリスマスパングワン」(税込300円※1日10個限定)。ペンギンサンタのおなかにはカスタードクリーム、袋の中にはビターなチョコレートがたっぷり詰まっていてかなり食べごたえのある一品だ。
巷で噂の“ペンギンのぱんやさん”に行ってみた
なんともキュートな「クリスマスパングワン」(税込300円 ※1日10個限定)。

実はこちらのお店、創業110年余りで黒パンが有名な老舗パン屋「精養堂」をリニューアルしたものだという。現在の店長である太田雅巳さんに話を聞いてみると……。