bit

「ガリガリ君」「きたない大岩」「とけたソフトクリーム」と呼ばれる岩がある

「きたない大岩」「ガリガリ君」「とけたソフトクリーム」は、ボルダリング愛好家にはおなじみだと思うが、全て岩の呼称だ。岩を登る課題にも「勅使河原美加の半生」「ガリ子ちゃん」など変わった名前が付けられている。一体どういうことなのか。岩の名前に魅了され、岩の写真集『エイトマン』『デッド・エンド』を発行した坂口トモユキさんにお話を伺った。

――こういった名前はどういう方が付けるんですか?
「課題(難易度によってグレードが付けられる)の名前は、一番初めに岩を見つけて登り、課題を生み出した人が付けます。有名なのは、日本屈指の凄腕をもつと言われているボルダラーの室井登喜男さん。山にこもって、たくさんの課題を生み出しています」

課題のタイトルは岩の見た目をストレートに表現したものから、なぜこの名前が付いたのか分からないものまでさまざまだ。岩そのものについても、由来の不明のものは多々存在する。それでは、坂口さんのおすすめの岩と課題とを紹介。

●岩の名前も課題の名前も変わっているケース
・岩の名前「忍者返し」
課題の名前:「子ども返し」「虫」「蛙」「蟹」「亀返し」「クライマー返し」「忍者返し」(岩の名前と同名)
「ガリガリ君」「きたない大岩」「とけたソフトクリーム」と呼ばれる岩がある

御岳(東京都)を代表する岩と言われている。「子供返し」「クライマー返し」が達成できたら初段。「忍者返し」は1級、「虫」「蛙」「蟹」は3段、「亀返し」は初段だそうだ。(グレードは変動することがあります)
都心から近い御岳で一番人気の岩のため、週末にはたくさんの人が登っている。

あわせて読みたい

  • 「スカイランニング」なる競技をご存じですか?

    「スカイランニング」なる競技をご存じですか?

  • 一番高い所に行かなくても、山に登ったことになるの?

    一番高い所に行かなくても、山に登ったことになるの?

  • 富士山には7合目、8合目がどうしていっぱいあるのか

    富士山には7合目、8合目がどうしていっぱいあるのか

  • 登山家・栗城史多著『一歩を越える勇気』に込められた想い

    登山家・栗城史多著『一歩を越える勇気』に込められた想い

  • コネタの記事をもっと見る 2014年12月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース