review

「ユリ、承認!」幾原邦彦のアニメが始まってしまった。死にそうに謎だらけ「ユリ熊嵐」1話をレビュー

「ユリ、承認!」幾原邦彦のアニメが始まってしまった。死にそうに謎だらけ「ユリ熊嵐」1話をレビュー
ついにTOKYO MXで放送を開始した「ユリ熊嵐」。幾原邦彦監督によるオリジナルアニメだ。1話「私はスキをあきらめない」は、やっぱり謎だらけでした。
「ユリ、承認!」
2015年1月5日、TOKYO MXでアニメ「ユリ熊嵐」が放送開始した。監督は「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」の幾原邦彦。原作はイクニゴマモナカ、キャラクター原案は森島明子、制作はSILVER LINKだ。

第1話「私はスキをあきらめない」の前半のあらすじをざっくり書く。
「小惑星クマリア」の爆発の影響で、クマはヒトを食べ、ヒトはクマを撃つようになった世界。ヒトとクマのあいだには「断絶の壁」が築かれ、不可侵の状態にあった。
ヒトの世界、嵐が丘学園(見るからに日比谷図書館!)に通う生徒・椿輝紅羽と泉乃純花は「友だち」であり「恋人」。純花は「きれいで優しいものから、大切なものから、すべてを壊していく」「透明な嵐」に巻き込まれている。
紅羽たちのクラスの転校生・百合城銀子と百合ヶ咲るるは、女の子の姿をしているけれど、実はヒトの世界に入り込んだ人喰いグマ。「あの子もこの子もよりどりみどり♪」「たっくさん女の子を食べちゃうよ!」
透明な嵐を避けるために、屋上で昼食をとる紅羽と純花。それを眺める2匹(2頭?)のクマ。「デリシャスメル。あの子が食べたい。ガウガウ」
学園内に響き渡るクマ警報、追いかけてくる透明な嵐……。クマに食べられてしまったのか、靴だけを残して、純花は消えてしまった。「透明にならないからいけないのよ」
「諦めないよ、わたしの『スキ』」

「透明な嵐」「断絶の壁」といった謎めいたワード、後半で起こる「ユリ裁判」という謎のシーン、「ユリ、承認!」という謎セリフ、銀子とるるの謎の変身シーンからの謎なエッチな捕食シーン。

あわせて読みたい

  • 輪るピングドラムの衝撃

    輪るピングドラムの衝撃

  • 川上とも子は誰よりも少女革命ウテナだ。今も輝いている「少女革命ウテナ テアトルAN上映会カシラ」レポ

    川上とも子は誰よりも少女革命ウテナだ。今も輝いている「少女革命ウテナ テアトルAN上映会カシラ」レポ

  • 「少女革命ウテナ」も「輪るピングドラム」も寺山修司から  J・A・シーザー×幾原邦彦トークショーレポ

    「少女革命ウテナ」も「輪るピングドラム」も寺山修司から J・A・シーザー×幾原邦彦トークショーレポ

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年1月6日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース