review

光秀は本当に信長を恨んだのか。史料から読み解く「本能寺の変」の真実

明智光秀は、なぜ主君・織田信長に反旗を翻し本能寺を襲ったのか? これについては長らく議論が続いており、以前エキレビでも紹介したようにいくつか説が存在する。最近では四国政策をめぐる光秀と信長の対立を原因とする見方が、新たな史料の発見もあって有力な説として浮上しつつある。

一方で、時代劇などでは、光秀は信長に対し何らかの理由で恨みを抱き、謀叛を起こしたものと描かれることがいまでも多い。古くより根強いこの怨恨説について、本能寺の変と同時代に書かれた一次史料をもとに説明する研究者もいる。昨年末に出た、東京大学史料編纂所編『日本史の森をゆく 史料が語るとっておきの42話』(中公新書)には金子拓「明智光秀の接待」と題する一編が収められ、そこでは『兼見卿記』という日記の記述にもとづく、ある研究者の解釈が紹介されている。

『兼見卿記』は、戦国から江戸時代初めにかけて京都吉田神社の神主を務めた吉田兼見の日記である。その日記には、天正10年6月2日に本能寺の変が起こる少し前、5月14日付の記述として「今度徳川家康が信長に挨拶するため安土城に来るという。明智光秀が「在庄」を申しつけられた」と書かれていた。さらに後日書き直された同じ年の日記には、「家康逗留のあいだ、光秀は「在庄の儀」を信長から命ぜられた。この間の用意のための働きは大変だったという」などといった記述が見られるという。

一体、「在庄」とは何なのか? 大正から昭和にかけて東京大学史料編纂所に勤めた戦国史研究の大家である高柳光壽は、これを「休暇」と解釈した。その推測の流れは次のようなものだった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク