1月19日から放送開始した月曜深夜ドラマ「マジすか学園4」(日本テレビ系)。AKB48グループのアイドルたちが出演する学園ドラマだ。企画・原作は秋元康、演出は「女王の教室」「斉藤さん」の岩本仁志。

女ヤンキーばかりが集う馬路須加(まじすか)女学園、通称マジ女。この学園では日々ヤンキーたちが「てっぺん」を目指して競い合っている。そんなマジ女の最強軍団は、吹奏楽部・ラッパッパ。部長・ソルト(島崎遥香)をトップに、四天王のおたべ(横山由依)、バカモノ(川栄李奈)、ヨガ(入山杏奈)、マジック(木崎ゆりあ)が控えている。
そのほかにも、2年生のチーム火鍋、1年生のカミソリ&ゾンビなど、勢いと実力のあるヤンキーもいる、群雄割拠状態のマジ女。
一方、激尾古(げきおこ)高校看護科もマジ女に対抗する勢力を持ち始めていた。総長・アントニオ(山本彩)、副総長・こびー(渡辺美優紀)。ナース服を着たヤンキーだ。下にはツリシ(須田亜香里)、KY(谷真理佳)、ザコボス(松村香織)の3人。
内部のてっぺん争い、外部との抗争。ヤンキーたちがバチバチやっている中にやってきたのは、鹿児島からの転校生・さくら(宮脇咲良)。優等生的な外見とは裏腹に、彼女には相当な力があるようで……?

「マジすか学園」は、2010年、2011年、2012年と放送されたシリーズだ。メインになるキャラや設定、舞台は「1」「2」「3」でそれぞれ少しずつ異なる。