bit

日本の伝統的な製本方法「和綴じ」ってどんなもの?

日本の伝統的な製本方法「和綴じ」ってどんなもの?
和綴じは、こうやって糸で綴じていきます
最近、和綴じ(わとじ)が流行っているという。そういえば、都内の文具ショップでも、よく目にするようになった。そこで和綴じについて、各地でワークショップを開催している有文堂さんに聞いてみた。

――そもそも和綴じって何ですか?
「中国で発祥した製本技術が平安時代に日本へ伝わり、独自の発展を遂げたのが和綴じというものです」と有文堂さん。

――昔はみんな和綴じだったのでしょうか?
「印刷技術が入ってきた江戸時代に、和綴じは最も発展、普及しました。明治になっても、西欧から機械刷りの安価な洋紙がもたらされましたが、学校の教科書などは和綴じのままでした。時代が経つにつれて、綴じるという技術がさまざまなものに取って代わりましたが、今でもお寺の経本や、長唄などの謡本で使われています」

――有文堂さんはいつ頃に創業されたのですか?
「明治20~30年頃に創業し、120年余になります。美濃に生まれた曽祖父が東京で製本を学び、地元で工場を始めました」

――和紙でないと和綴じとは呼べないの?
「和綴じとは、製本方法のことを指します。もちろん和綴じは、洋紙にもできますが、和紙に用いることによって、その特性を最も活かすことができます」

そういえば、お寺で押してもらう御朱印帖にも和綴じのものがありますよね。
「和綴じといってもいろいろあり、基本形の『四つ目綴じ』、綴じ上がった糸の模様を麻の葉に見立てた『麻の葉綴じ』、綴じ上がりの糸が、亀の甲羅の模様に似ている 『亀甲綴じ』などの種類があります」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月27日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。