review

田中麗奈がトイレに閉じ込められるだけで一回分。ドラマ「徒歩7分」が凄い

先週(2月3日)放送のドラマ「徒歩7分」第5回がすごかった。
田中麗奈演じる主人公が自宅のトイレに閉じ込められてしまうという話だけで、まるまる一回分を費やしていたのだ。こんなドラマ、過去にあっただろうか。いや、シチュエーションコメディならあるかもしれないが、このドラマはコメディではない(結果的にコメディに見えてしまうところはあるけれど)。

「徒歩7分」はNHKのBSプレミアムで毎週火曜の23時15分から放送されているドラマだ。「プレミアムよるドラマ」というこの枠では、これ以前にもテレビ業界の内幕を描いた「おわこんTV」など踏み込んだ内容のドラマが放送されてきたが、今回もかなりの意欲作というか異色作だ。

本作の主人公・黒崎依子は、32歳・無職ながら生まれて初めて実家を離れ、アパートで一人暮らしを始めた。とはいえなかなか働きに出ようとはせず、つい家でダラダラしてしまいがち。時間を持て余して、隣室に住む派手な格好の女・咲江(菜葉菜)と無職の男(平野勇樹)の会話を壁に耳を当てて盗み聴きするなど、まったくもってどうしようもない。一方では福士誠治演じる元カレ(しかも別れて5年が経つ)の家へしょっちゅう押しかけるという厄介な一面も。そんな依子の部屋に「田中靖夫」という見知らぬ人物から謎の手紙が投函されるようになる。これに依子のアパートを訪ねてきた妹の美紀(鮎川桃果)はストーカーだと気味悪がるが、当人はのほほんとしてさほど深刻には受けとめない。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク