review

田中麗奈がトイレに閉じ込められるだけで一回分。ドラマ「徒歩7分」が凄い

田中麗奈がトイレに閉じ込められるだけで一回分。ドラマ「徒歩7分」が凄い
前田司郎『恋愛の解体と北区の滅亡』(講談社)<br />NHKのBSプレミアムで放送中のドラマ「徒歩7分」の作者・前田司郎は、テレビや演劇で活躍する以外に小説家としての一面も持つ。本書はその2冊目の小説単行本。同書所収の「ウンコに代わる次世代排泄物ファナモ」は、昨年放送の「世にも奇妙な物語2014年秋の特別編」(フジテレビ)のなかで前田自身の脚色・演出によりドラマ化されている。
先週(2月3日)放送のドラマ「徒歩7分」第5回がすごかった。
田中麗奈演じる主人公が自宅のトイレに閉じ込められてしまうという話だけで、まるまる一回分を費やしていたのだ。こんなドラマ、過去にあっただろうか。いや、シチュエーションコメディならあるかもしれないが、このドラマはコメディではない(結果的にコメディに見えてしまうところはあるけれど)。

「徒歩7分」はNHKのBSプレミアムで毎週火曜の23時15分から放送されているドラマだ。「プレミアムよるドラマ」というこの枠では、これ以前にもテレビ業界の内幕を描いた「おわこんTV」など踏み込んだ内容のドラマが放送されてきたが、今回もかなりの意欲作というか異色作だ。

本作の主人公・黒崎依子は、32歳・無職ながら生まれて初めて実家を離れ、アパートで一人暮らしを始めた。とはいえなかなか働きに出ようとはせず、つい家でダラダラしてしまいがち。時間を持て余して、隣室に住む派手な格好の女・咲江(菜葉菜)と無職の男(平野勇樹)の会話を壁に耳を当てて盗み聴きするなど、まったくもってどうしようもない。一方では福士誠治演じる元カレ(しかも別れて5年が経つ)の家へしょっちゅう押しかけるという厄介な一面も。そんな依子の部屋に「田中靖夫」という見知らぬ人物から謎の手紙が投函されるようになる。これに依子のアパートを訪ねてきた妹の美紀(鮎川桃果)はストーカーだと気味悪がるが、当人はのほほんとしてさほど深刻には受けとめない。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2015年2月10日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース