review

キットカットの「みぞ」に隠された意外な歴史

       
本日、2月14日はバレンタインデーである。日本でバレンタインのプレゼントといえばチョコレート、ということでこの記事ではチョコレートの歴史をちょこっと振り返ってみたい。なお執筆にあたっては、武田尚子『チョコレートの世界史』(中公新書)と浜本隆志『バレンタインデーの秘密』(平凡社新書)をとくに参照にした。

■昭和天皇とチョコレート
終戦直後の1946年5月31日、昭和天皇は連合国最高司令官マッカーサーとの前年9月以来2回目の会見のためアメリカ大使館に赴いた。この会見終了後、応接室から天皇が包みをぶら提げて出てきた。不思議に思った侍従長が訊ねると、天皇は苦笑まじりで「チョコレートをくれたんだよ、マッカーサーが、ね」と言ったという(小林吉弥『天皇のお言葉』)。終戦直後の昭和天皇を描いた映画「太陽」(アレクサンドル・ソクーロフ監督、2005年)でも、イッセー尾形演じる天皇がこのときもらったチョコレートを食す場面があった。

戦後、日本に進駐したアメリカ兵に子供たちが「ギブ・ミー・チョコレート」とねだったという話はよく知られている。闇市にも進駐軍の放出したハーシー社のチョコレートが出回った。一方、当時の日本ではチョコレートの生産は行なわれていなかった。だからといってそれまで日本でチョコレートがつくられていなかったわけではない。

チョコレートが日本で初めて製造・販売されたのは明治初期の1878年のこと。売り出したのは米津風月堂という東京の日本橋にあった店で、当時新聞に出た広告では商品名として「貯古齢糖」「猪口令糖」といった当て字が使われた。ただしこのときのチョコレートはカカオ豆から製造したのではなく、原料チョコレートを輸入し加工したものだったらしい。その後、大正時代の1918年には森永製菓がカカオからのチョコレートの一貫製造を開始する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「キットカットの「みぞ」に隠された意外な歴史」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    妖怪ウォッチ⒥0-秘k、(ノ・ω・)ノオオオォォォ-p子Lpp;kpl xf具ぐうgygいxjっさpイd@s@亜ssspPHふぉふぇおえ芸へ終えポpcdk子pdcjdSdxsxsxsm

    0
  • 匿名さん 通報

    jsdtzxふぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

    0
  • 匿名さん 通報

    ぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおいよよよよよよよよよよ

    0
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。