bit

秩父の不動明王の顔がちょっと変だ~大仏ハンター・クロスケ推薦 珍大仏

知らないうちに増えているものの一つが大仏である。『巨大仏巡礼』(扶桑社刊)の著者で既に400体以上の大仏を訪問している大仏ハンター・クロスケ氏によると、年間に約15~20体のペースで増えていて、500体を超えるのも遠くない話だそうだ。中には変わった大仏もあるそうで、クロスケ氏に聞いてみた。

●そもそも、大仏とは?
本題に入る前に、大仏の定義を伺った。クロスケ氏によると、仏像の身長が4.82メートル以上(座った状態『坐像』だと半分の2.41メートル以上)が大仏と呼ばれるそうだ。この数値は尺貫法による「一寸六尺」で、お釈迦様の身長と言われている。“お釈迦様より大きい仏様”ということで「大仏」と呼ばれるようになった。ひとつ知識が増えたところで、変わった大仏のお話を。

●秩父のハンドメイド大仏~空滝大不動尊~
秩父の不動明王の顔がちょっと変だ~大仏ハンター・クロスケ推薦 珍大仏

なんとも個性あふれる表情の不動明王だ。
「名勝である秩父華厳の滝の上に鎮座しています。どうやら、地元の左官職人が観光地の目玉にと建立したようですが、技術はあっても仏像の知識というかセンスがいまひとつなかったのか……。見たことない形のイヤリングらしきものもついてますから」
秩父華厳の滝に訪れた観光客が見上げると、滝のさらに上方にこの不動尊が視界に入るため、写真を撮る時に不動明王が映らないようにする人もいるとか、いないとか。

●名古屋大仏はアジアンテイスト
秩父の不動明王の顔がちょっと変だ~大仏ハンター・クロスケ推薦 珍大仏

大都市には必ずといってもいいほど大仏があるという。中でも愛知県は個性派ぞろいと言われるほど変わり種が多い。しかも、すぐそばにマンションがあるような都会の真ん中に鎮座している。

あわせて読みたい

  • 香港のめでたい金色の珍名所とは

    香港のめでたい金色の珍名所とは

  • ダンボールで作った仏像!?

    ダンボールで作った仏像!?

  • 仏像をもっと知りたくなる“仏像ガール”の本

    仏像をもっと知りたくなる“仏像ガール”の本

  • コネタの記事をもっと見る 2015年2月20日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース