review

あれから25年。渋谷系とは、フリッパーズ・ギターとは何だったのか

あれから25年。渋谷系とは、フリッパーズ・ギターとは何だったのか
「月刊MdN 2015年 3月号」/エムディエヌコーポレーション
デザインとグラフィックの総合誌『MdN』の3月号で「渋谷系ビジュアル・レトロスペクティブ」という特集が組まれている。サブタイトルが「フリッパーズ・ギター『CAMELA TALK』から25年」。に、にじゅうごねんも経ってしまったのね……。

一応、渋谷系という言葉について説明しておくと、90年代初頭、渋谷宇田川町界隈にあった中古レコードショップや、同じく渋谷に大型店舗を構えていた外資系レコードショップから育まれた「恐ろしく高い音楽的リテラシーを前提としたムーブメント」(本特集まえがきより)。代表的なアーティストとして、ピチカート・ファイヴ、オリジナル・ラヴ、コーネリアスなどがいる。その嚆矢だったのが、小山田圭吾と小沢健二が結成したフリッパーズ・ギターだ。

ちなみに、渋谷系という言葉の命名者と噂されていたHMV渋谷のマーチャンダイザー・太田浩は当時、「ベレー帽をかぶったおしゃれな女の子が洋服を買うような感じで楽しめる音」と説明していたという(若杉実『渋谷系』シンコーミュージック)。うん、こっちのほうがずっとわかりやすい。

渋谷系のなんだかおしゃれなサウンドをパッケージしていたのが、これまたおしゃれなCDジャケットデザインだった。その概要をまとめようとしてのるが本特集ということになる。渋谷系という言葉が生まれたのは1993年のことだが、ここでは1990年にリリースされたフリッパーズのセカンドアルバム『カメラ・トーク』のジャケットに「渋谷系ビジュアル」のルーツを求めており、カラーグラビアではジャケットデザインの変遷や、当時の色校、パリで撮影されたアーティスト写真の未使用カットなどが掲載されている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2015年2月24日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら