bit

今、最もチケットが取りにくいバンド「KEYTALK」の魅力は…“抜け感”?

       
2015年4月4日(土)から放送予定のアニメ「境界のRINNE」(NHK Eテレ)。『うる星やつら』、『らんま1/2』、『犬夜叉』などの名作を世に送り出してきた高橋留美子作品とあって、放送前から高い期待が寄せられている。原作は、2009年から現在まで「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載中だ。

そんな『境界のRINNE』の主題歌を担当するのは、新世代の2バンド。OP曲「桜花爛漫(おうからんまん)」を手がける「KEYTALK(キートーク)」、そしてED曲「トキノワ」を担当する「パスピエ」が、音楽で作品の世界観を彩る。どちらも現在の邦ロックを牽引しているバンドだが、今回は“今もっともチケットのとれないバンドのひとつ”と評される、人気急上昇中の4人組ロックバンド「KEYTALK」の魅力に迫ってみよう……!
今、最もチケットが取りにくいバンド「KEYTALK」の魅力は…“抜け感”?

【「KEYTALK」ってどんなバンド?】


寺中友将(Vo./Gt.)、小野武正(Gt./MC/Cho.)、首藤義勝(Vo./Ba.)、八木優樹(Dr./Cho.)からなる気鋭のバンド「KEYTALK」。2007年に結成され、2009年よりバンド名を現在の「KEYTALK」に改名。2013年にシングル曲「コースター」でメジャーデビューを果たし、現在まで精力的な活動を続けている。最新の4thシングル「FLAVOR FLAVOR」は、新しいアプローチが垣間みえる、春にぴったりの爽快感と疾走感が心地よいポップロックに仕上がった。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月16日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。