review

80年代の立川談志が聴けるたまらない音源

       
1983年5月、立川談志は落語協会を脱退し、家元となって立川流を創設することを決意した。
直接の原因は、落語協会の真打昇進試験に望んだ弟子2人(立川小談志こと後の喜久亭寿楽、立川談四楼)が落とされ、明らかに実力が下回ると判断した者が合格したことである。試験の基準に対して異を唱え、自らの主張が通らないと見ると即座に協会を見限る判断をした。当時の協会会長は五代目柳家小さん(先代。故人)、談志の師匠でもある。師弟はいったいどうなってしまうのか。落語立川流なる独立団体の帰趨以上に、2人の関係を案じていた落語ファンは多かった。

1983年6月29日、談志は東横落語会に出演している。6月30日で協会を脱退するという前日の高座だ。この日掛けたネタは珍しい「かぼちゃ屋」。だが、噺以上に注目を集めたのはそのあとに予定されていた特別鼎談だった。師匠・小さんの芸歴50周年を祝うために、小さんと談志、そして弟弟子の柳家小三治が出演することが決まっていたのである。
先ごろ発売されたCDブック『東横落語会 立川談志』には、この鼎談の模様がノーカットで入っている。立川談志のファンならずとも落語好きなら一度は聴きたかった音源のはずで、たまらないプレゼントとなった。

鼎談はこんな風に始まる。
高座を終えたばかりの談志に、小三治が「あ、どうも。ごくろうさまです」と声を掛ける。
と談志は、
「あとを頼むな」
と一言。音のみで表情はわからないが、おそらくはあの照れ笑いを浮かべているのだろう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「又吉直樹」のニュース

次に読みたい関連記事「又吉直樹」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。